今月の星空

平成29年 6月の星空

2017.06.03 21:30:06
テーマ:今月の星空 

「夜空で夏が始まります」

6月は1年で最も昼の時間が長い「夏至の日」があります。だんだんと夏が近づき、それに合わせるように、夜空では夏の星座がのぼりはじめています。
東の低い空には「夏の大三角」を作る3つの1等星が輝いています。「夏の大三角」のうち、こと座のベガは織姫星、わし座のアルタイルは彦星です。来月の七夕の前に見つける練習をしておきましょう。
大人気の星座さそり座も見やすい季節になってきました。南の空低いところに赤い星が見えたら、それがさそり座の1等星アンタレスです。

今月の満月は今年一番小さく見える満月です。見た目ではほとんど違いが分かりませんが、写真で他の月の満月と比べると小さいことがわかります。今年一番大きく見える満月は12月4日。大きな満月と比べるためにも今月の満月は注目です。

【6月の天文現象】
1日 上弦
3日 金星が西方最大離角(明け方の東の空で見やすい)
4日 木星・月・スピカが並ぶ
9日 満月(今年一番小さく見える満月)
9~10日 月と土星が並ぶ
15日 土星が衝(地球から見て太陽の反対側に土星があり、前後しばらく土星が見やすい)
17日 下弦
21日 夏至、月と金星が並ぶ(夜明け前)
24日 新月

【6月中旬夜8時頃の星空】

6月の星空



ページの先頭へ戻る