今月の星空

2017年 8月15日

平成29年 8月の星空

2017.08.15 14:24:21
テーマ:今月の星空 

「夏の大三角」を探そう!」

夏の夜空でおなじみの「夏の大三角」。ぜひこの夏休みに探してみましょう。
初めて探す人におすすめなのが、「街の中で見ること」です。
街の夜空は明るい星しか見えないため、「夏の大三角」が目立って見つけやすいのです。

8月の「夏の大三角」は空高いところにあります。
頭の上を見上げて最初に目に留まるのが、3つの中で一番明るいこと座のベガ。ベガの少し東側にはくちょう座のデネブ、南にわし座のアルタイルがあります。
「夏の大三角」はちょうど視野に納まるぐらいの大きさです。空を広く探して見つけてください。

8月8日の早朝、日本全国で部分月食が見られます。
午前2時22分ごろから南西の空で満月が欠け始め、午前3時20分ごろが最も大きく欠ける「食の最大」で、満月の4分の1ほど欠けた状態になります。その後はだんだんと欠けた部分が小さくなり、午前4時19分ごろには元の満月に戻ります。



【8月のおもな天文現象】
3日 月と土星が並ぶ
8日 満月/部分月食(2:22~4:19 食の最大3:20)
13日 ペルセウス座流星群が極大(夜明け前)
15日 下弦
19日 月と金星が並ぶ(夜明け前)
22日 新月(アメリカで皆既日食)
25日 月と木星が並ぶ
29日 上弦【8月中旬夜8時8月星空