ロクトリポート

希少な石質隕石「エコンドライト」

2017.12.13 15:55:12

展示室5「地球の部屋」に新たに標本の展示を追加しました。
石質隕石「エコンドライト」です。IMG_20171210_145543_resized_20171210_031215251

隕石を、何でできているかに注目して大きく分類すると、岩石質の「石質隕石」、ほとんどが鉄の「鉄質隕石(隕鉄)」、そして鉄の中に珪酸塩鉱物が入っている「石鉄隕石」に分けられます。
さらに「石質隕石」はコンドライトとエコンドライトに分けられます。
地球で見つかる隕石の約9割はコンドライトです。ですから、エコンドライトは比較的発見数の少ない希少な隕石だと言えます。

IMG_20171210_145529_resized_20171210_031615169-2

エコンドライトは「一度、天体になった隕石が砕けたもの」です。つまりエコンドライトは”星のかけら”です。
詳しくは、科学館に隕石の成因と分類についてのイメージ図を展示していますので、標本と合わせて是非見に来てください。

研究・交流グループ【地学担当】






ページの先頭へ戻る