ロクトリポート

ダイヤモンドつくりに挑戦中! その36 ~完結編!~

2016.03.09 09:48:20

『ダイヤモンドづくりに挑戦中!』完結しました!
2014年1月から開始して約2年間かかりましたが完結しました。
「ダイヤモンドつくってみよう!」
という好奇心で、「高校の教科書に載っていたぐらいだから。」
と、軽い気持ちではじめましたが、
実験器具をつくったり、解析したり、計算したり・・・。
たくさん勉強をしなくてはならなく思った以上に時間がかかってしまいました。

でも、本当にたくさんの方にご協力頂き、
ついに、まとめレポートが完成しました!

先週(2016年3月3日)から「しくみの部屋」で展示をはじめています。

展示室 ブログ

まとめレポートも展示しています。
詳しく結果や考察を書いていますので
ご興味ある方は是非、ご覧になって頂けると嬉しいです。

ブログ2

実際に実験に使った実験器具やサンプルもそのまま展示しています。
ダイヤモンド!?も展示しています。
肉眼では見えませんが、ご来館された際にはぜひご覧ください。

サイエンスチーム ささき

ダイヤモンドつくりに挑戦中! その35

2015.07.15 21:22:08

「ラマン分光分析②」
ラマン分光の分析の解析結果を発表します!

(1)2014年7月9日のフィラメントにできた結晶

0709フィラメント電顕1

何か結晶らしきものが付いています。
拡大すると、結晶だな。という印象です。

0709フィラメント電顕2

この結晶のラマン分光の分析結果がこちらです。

0709フィラメント

解析の結果、
酸化タングステンだということが分かりました。
上の赤い方がデータベースの酸化タングステン。
下の黒い方が今回の分析結果です。
ピークの位置など、ほぼ同じです。

(2)2014年7月9日の基板にできた結晶

0709 基板電顕写真

このような、なにかができていました。
参考にしている文献に載っていた「ミラーボールダイヤモンド」というのに、
電子顕微鏡の写真はそっくりだったのですが。
こちらの分析結果は

0709基板やさしくレーザー

サンプルが焦げないように弱いレーザーを当てるとカーボンのスペクトルが現れました。 どうやら、表面に有機物がついているようです。残念ながらダイヤモンドではなさそうです。

レーザーを一定の強度に抑えると、カーボンのスペクトルが現れたことから、 表面には有機物が付着しているものと思われます。

0709基板強くレーザー

一方、レーザーを強く当てて表面の有機物を焦がして測定すると、酸化タングステンのスペクトルが現れました。
ミラーボール状の部分はタングステン由来の物質だったみたいです。

7月9日は、実験中にフィラメントがバチンと切れたので、
タングステンが飛び散ったのでしょうか?
基板にもタングステンが付着していたことから、
こんな目に見えないことが想像できるとは思っていなかったので
すごくおもしろかったです!

(3)2014年11月19日の基板にできた結晶

1119基板電顕写真


これが、いままで一番きれいな結晶なので期待の一品です!
この結晶の分析がこちらです。

下の青い方が工業用のダイヤモンドの分析結果で、
上の赤い方が今回の分析結果です。

1119分析結果

この分析の解析結果は・・・・
なんと、、、
ダイヤモンドでしたっ!
やりましたっ!
科学的にもちゃんと「ダイヤモンド」だと、認められました!

 

 

 

 

他のサンプルもいろいろ見てもらいました。
すすだと思っていたものが、すすというよりグラファイトに近いもので、
ダイヤモンドのなりそこないみたいなもの・・・・?
と、分かったり、ラマン分光の凄さがすごく分かりました。

解析にご協力頂いた日本分光に感謝致します。
特に斉藤さまと田村さまには、
本当に貴重なお時間を頂き、ありがとうございました!!

サイエンスチーム ささき

 


前のページへ最新|1|23456最初次のページへ

ページの先頭へ戻る