チベット実験がぺバトロンの証拠を発見 〜銀河面から史上最高エネルギーのガンマ線を観測

ICRRサイエンスカフェオンライン

チベット実験がぺバトロンの証拠を発見 〜銀河面から史上最高エネルギーのガンマ線を観測
開催期間
2022年1月30日(日)

10:30~12:00

開催場所
その他

宇宙で最も高いエネルギーの宇宙線はどこから来るのでしょうか。
宇宙線の正体、その観測実験の手法や、発生源の候補である超新星残骸などについてお話します。
*講師はリモート出演します。

*画像はペバトロンの候補となった超新星残骸G106.3+2.7の想像図。
黄色い点は、宇宙線が分子雲のガスと衝突し、ガンマ線が放射されている様子を表している。


開催場所:オンラインZoom
講師:佐古 崇志(東京大学宇宙線研究所 特任助教)
共催:東京大学宇宙線研究所(ICRR)
対象:小学5年生~大人 
   ※内容は高校生以上を想定
   ※Zoomを使える環境にある方(パソコン・タブレット推奨)
定員:50名
参加費:無料
申込方法 :WEB事前申込  ※1/17(月)締め切り
ご参加いただける方には締め切り後、3日以内にメールにてご案内いたします

 

ページの先頭へ戻る