プラネタリウム・大型映像

世界一に認定されたプラネタリウム

最も先進的なプラネタリウム

2012年7月にリニューアルし、新たに導入した投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」は1億4000万個を超える星々を投映します。直径27.5mの大型ドームスクリーンに高輝度LED光源で映し出す星空は、「最も先進的なプラネタリウム」として世界一に認定されました。微細な星の輝きがドームいっぱいに広がり、奥行き感のあるリアルな星空をお楽しみいただけます。

>>プラネタリウムドームのリニューアル工事リポート

スタッフによる生解説
スタッフによる生解説

当館のプラネタリウムは専門のスタッフによる生解説も特徴です。季節ごとに移り変わる明るい星々や星座のお話を当日の星空を投映しながらご紹介。宇宙に関する旬な話題をお伝えできるのも生解説ならでは。約2か月ごとに入れ替えるテーマ解説と組み合わせて、新しい発見をお届けします。

 
CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)
プラネタリウム ケイロンⅡ

「CHIRONⅡ」は、東京都府中市にある(株)五藤光学研究所が開発したプラネタリウム投映機です。23m以上の大型ドームでは世界初となる高輝度LED光源を採用しました。
本物の星空により近づけることを目指し、観測された数十億の恒星データをもとに、天の川を構成する恒星や星雲、星団を全て星で表現しています。また、星像が一段とシャープになり、まるで実物のように光輝く星として映し出すことができます。

 
全天周デジタル映像システム
プラネタリウム ケイロンⅡ

全天周デジタル映像システム“バーチャリウムⅡ”では、4台の高精細(4K)プロジェクターを採用し、個々の映像を正確に重ね合わせるデュアルプロジェクション方式により、鮮明で迫力あるデジタル映像の投映を実現。まるで異空間に飛び出したような没入感をもたらします。
デジタルプラネタリウム機能も持つバーチャリウムⅡと光学式投映機CHIRONⅡを組み合わせることで、多彩な表現が可能になり、ハイブリッドプラネタリウムを生かしたプログラムを展開しています。大きなスクリーンで映像をお楽しみください!作品によっては英語音声で聞くことができます。

 
ページの先頭へ戻る