髙柳雄一館長のコラム

花見の季節を迎える

2017.03.23 10:43:05
テーマ:館長コラム 

花の便りが気になる季節になりました。「今年はお花見を何処で誰と一緒にしようか?」と計画を立て始めた方もいらっしゃるでしょうね。そんな時、最初に知りたいことは、見にゆく場所で「さくら」が咲き始めているのか、どの程度の咲き方なのかなど、新聞やラジオ・テレビの天気予報などでも知らされる「さくら」の開花状況です。
春の天気予報で伝えられる気象情報に「さくら」の開花日や満開日の予想が含まれることも、私たちが、日頃、木々の様子や花の移り変わりで季節の変化を意識していることを考えると、植物が気象状況に敏感に反応する存在であるだけに不自然ではありません。
気象庁のホームページには「生物季節観測の情報」という画面があり、そこでは全国の気象庁所属の官署で統一した基準により、「うめ」・「さくら」の開花した日、「かえで」・「いちょう」が紅(黄)葉した日などの植物季節観測や、「うぐいす」・「あぶらぜみ」の鳴き声を初めて聞いた日、「つばめ」・「ほたる」を初めて見た日などの動物季節観測を行っていることが示されています。これらの観測結果は、季節の遅れや、気候の違いなど総合的な気象状況の推移を把握するのに用いられるほか、新聞やテレビなどにより生活情報のひとつとして利用されていると説明されています。

季節の観測で取上げられている植物には、「さくら」以外に、「うめ」・「あじさい」・「いちょう」・「かえで」が紹介されています。そして、これらの植物の多くは、観察する対象の木(標本木)を定めて実施されると注記されています。「さくら」の標本木は、私たちの身近で一番よく眼にする「さくら」と言える「そめいよしの」と言う品種が使われていることは、ご存知の方も多いと思います。
「さくら」の開花日は「そめいよしの」で5~6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日、満開日は「そめいよしの」で約80%のつぼみが開いた状態となった最初の日と定められています。これは勿論、場所ごとに異なるはずです。気象情報に使われる地域の開花情報は気象庁が定めた特定の場所の「そめいよしの」で判断しているのです。「さくら」の開花情報である地域を代表する場所として何処が選ばれているのか、そこは花見に多くの人が訪れる場所でもあるに違いありません。興味をお持ちの方は調べてみてください。
 春休みの季節を迎え、今年はどこの「さくら」を見に行こうかと考えながら、このコラムを書き始めました。その際、「さくら」の開花状況を知り、何時頃が良いかが判断できると、その次は、その期間中お天気が良い日はいつか、一緒に見に行く仲間が時間を取れるかなどと、花見を実行するには幾つも考えなければならない課題が出てきます。この中で私にとって最も重要な課題は花見をする場所の選定です。

 この数年、春が来ると小学校の同級生と場所を選んで花見を楽しむ機会を設けてきました。一昨年は板橋近くの石神井川の両側に続く桜道に沿って、王子駅の近くまで川の両岸に出現した桜の花のトンネルが続く道を歩きました。最終地点の王子駅付近には昔からの桜の名所である飛鳥山があります。年のせいもありますが、この時はおよそ半日のコースでした。小金井公園の近くから流れ始める石神井川が隅田川に至るまでに、こんなにいくつもの桜の名所を抱えていることに驚きを持ったことは忘れられません。
 昨年は、東中野の近くの神田川の両岸に咲く桜道を川に沿って辿る花見をしました。高田馬場近くを通って江戸川橋まで都心を流れる神田川の途中には、素晴らしい桜を眺めるスポットが幾つも連なっていました。昔から人々の生活と深く関わってきた有名な川沿いには、桜見物の名所が幾つもあることを改めて知らされました。

こんな体験を重ねて、今年は何処にするのか考え始めています。今年も川に沿った桜の名所にするのか、川ならどの川にするのか、川をやめて山にするのか、色々と考える楽しみも
この季節のもたらす人間への贈り物かもしれません。皆さんは今年、花見を何処で誰となさいますか?皆さんの今年の花見の思い出が素敵なものになることを願っています。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA



定点観測の楽しみ

2017.02.14 19:12:18
テーマ:館長コラム 

 我が家の寝室にある南西向きの窓から、視界が良いと富士山の頂上を占める台形部分が見えることに気がついたのは、住んでからだいぶ経ってからでした。窓越しの景色の中で、普段は地平線の細部にまでこだわって眺めることはあまりありません。雨戸を開けたり締めたりする時には自然に空の様子にも注意が集中しますから、家々の屋根がまばらになる通り道が生み出した地平線の窪みの中の台形状の姿が目に止まるようになりました。そんな体験を重ねた挙句に、あれは富士山なのだと確信するに至ったことを思い出します。

 今年の冬は、それが富士山の頂上部分の台形であることを確認することもできました。1月30日の日没時に、我が家の窓からダイアモンド富士を眺めることが出来たからです。先にも書いたように、これが富士山頂上の部分であることを確信できたのは、夕方、日没直後の地平線で、それが富士山頂上のシルエットであることに気づいたからでした。それだけに、ひょっとしたら我が家でも窓からダイアモンド富士が見えるかもしれないと言う期待は以前から持っていました。

 それが実現したのは、多摩六都科学館の天文チームの方にそれがいつ頃になるかを調べて教えて頂いたからです。地図の上で示した我が家の位置は大まかなものでしたから、教えて頂いた日取りは1月31日頃と言うことでした。この予想に対応して1月28日から、夕方は毎日、窓から地平線上の日没の位置を注目して眺めました。そして、日没の太陽が地平線に沈む位置が毎日少しずつ富士山頂上の台形部分に近づくことを確認できたとき、予想通りにダイアモンド富士が我が家で見えることを確信したのです。そして、幸いなことに西の地平線上に厚い雲がない1月30日の夕方、それが実現したのです。

 我が家からダイアモンド富士を眺めることが出来たことで、私にとってこの窓から見える地平線上に姿を留める富士山の頂上部分は、窓から外を見るときいつも注目する場所の一つになりました。その結果、発見したこともいくつかあります。
 その一つは、早朝、窓を開けたとき視界がよいと、朝日に照らされて赤味を帯びて白く輝く富士山頂の姿まで見えることです。富士山頂と我が家の間にある地平線付近の地上風景が富士山の裾野の視界を遮っているお陰で、富士山頂付近だけが見事に姿を見せていました。また、朝に見る富士山頂に対して、日没時に見るシルエットでの富士山頂も、吹雪いているかのような揺らめく影の動きも見えるときがあることにも気づかされました。

 我が家の窓から、地平線上に富士山頂を眺めて想像を広げて行くと思いはどんどん膨らんでいきます。それは見えない部分についても富士山について知っている知識が想像の翼を与えてくれるからかも知れません。昔、学生の頃、科学の定点観測で私たちは世界をどこまで理解できるかを考えたことを思い出します。現在、日没時の太陽が沈む地変線上の場所は富士山頂からどんどん離れてきました。やがてまた富士山頂に近づき始めるまで、我が家の窓から見える景色を楽しみながら行く春を楽しみたいと思っています。

DSC00649




前のページへ最新|1|23456最初次のページへ

ページの先頭へ戻る

カレンダー

« 2月 2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

テーマ

最新の記事

アーカイヴ


〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64 TEL:042-469-6100

多摩六都科学館は「最も先進的」として世界一に認定されたプラネタリウムと、観察・実験・工作が楽しめる体験型ミュージアムです。小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市で運営しています。

2012 Copyright TAMAROKUTO SCIENCE CENTER