髙柳雄一館長のコラム

定点観測の楽しみ

2017.02.14 19:12:18
テーマ:館長コラム 

 我が家の寝室にある南西向きの窓から、視界が良いと富士山の頂上を占める台形部分が見えることに気がついたのは、住んでからだいぶ経ってからでした。窓越しの景色の中で、普段は地平線の細部にまでこだわって眺めることはあまりありません。雨戸を開けたり締めたりする時には自然に空の様子にも注意が集中しますから、家々の屋根がまばらになる通り道が生み出した地平線の窪みの中の台形状の姿が目に止まるようになりました。そんな体験を重ねた挙句に、あれは富士山なのだと確信するに至ったことを思い出します。

 今年の冬は、それが富士山の頂上部分の台形であることを確認することもできました。1月30日の日没時に、我が家の窓からダイアモンド富士を眺めることが出来たからです。先にも書いたように、これが富士山頂上の部分であることを確信できたのは、夕方、日没直後の地平線で、それが富士山頂上のシルエットであることに気づいたからでした。それだけに、ひょっとしたら我が家でも窓からダイアモンド富士が見えるかもしれないと言う期待は以前から持っていました。

 それが実現したのは、多摩六都科学館の天文チームの方にそれがいつ頃になるかを調べて教えて頂いたからです。地図の上で示した我が家の位置は大まかなものでしたから、教えて頂いた日取りは1月31日頃と言うことでした。この予想に対応して1月28日から、夕方は毎日、窓から地平線上の日没の位置を注目して眺めました。そして、日没の太陽が地平線に沈む位置が毎日少しずつ富士山頂上の台形部分に近づくことを確認できたとき、予想通りにダイアモンド富士が我が家で見えることを確信したのです。そして、幸いなことに西の地平線上に厚い雲がない1月30日の夕方、それが実現したのです。

 我が家からダイアモンド富士を眺めることが出来たことで、私にとってこの窓から見える地平線上に姿を留める富士山の頂上部分は、窓から外を見るときいつも注目する場所の一つになりました。その結果、発見したこともいくつかあります。
 その一つは、早朝、窓を開けたとき視界がよいと、朝日に照らされて赤味を帯びて白く輝く富士山頂の姿まで見えることです。富士山頂と我が家の間にある地平線付近の地上風景が富士山の裾野の視界を遮っているお陰で、富士山頂付近だけが見事に姿を見せていました。また、朝に見る富士山頂に対して、日没時に見るシルエットでの富士山頂も、吹雪いているかのような揺らめく影の動きも見えるときがあることにも気づかされました。

 我が家の窓から、地平線上に富士山頂を眺めて想像を広げて行くと思いはどんどん膨らんでいきます。それは見えない部分についても富士山について知っている知識が想像の翼を与えてくれるからかも知れません。昔、学生の頃、科学の定点観測で私たちは世界をどこまで理解できるかを考えたことを思い出します。現在、日没時の太陽が沈む地変線上の場所は富士山頂からどんどん離れてきました。やがてまた富士山頂に近づき始めるまで、我が家の窓から見える景色を楽しみながら行く春を楽しみたいと思っています。

DSC00649



「日読みの酉」に思うこと

2017.01.01 08:00:54
テーマ:館長コラム 

 新年あけまして、おめでとうございます。新しい年を迎え、気持ちも新たに今年実現したい目標を定め、それを目指して計画を立て始めた方もいらっしゃると思います。元旦に頂いた年賀状をみると、今年は暦(こよみ)の十二支では酉(とり)の年に当たり、それを意識した文字や画像のレイアウトも楽しむことができました。

 暦(こよみ)で使われる酉(とり)を示す漢字は、私たちがよく使う鳥(とり)に比べて形も印象も異なる文字です。この文字は十二支と関係したときに登場する漢字です。日常生活で、時刻や方位を示す十二支をあまり使っていない現代の私たちにとって、酉(とり)と言う漢字はそれほど馴染みがありません。しかし、漢字には、この文字を組み合わせた酒という漢字など、色々な漢字の中に酉は登場しています。そんな時、この部分を「日読みの酉(とり)」と呼んでいます。神社のお祭では「一の酉」、「二の酉」と呼ばれる行事が行われる特別な日もあります。「日読みの酉」はまさにピッタリの表現です。
 十二支はネズミにはじまり、イノシシに終わる動物たちが登場するサイクルです。注意してみるとそれらの動物を示す漢字の多くは馴染みの薄いものが使われています。ネズミは子、ウシは丑、トラは寅、ウマは午、・・などを思いだして下さい。十二支の動物を示す漢字は、それが時刻や方位などの情報を持っていることを目立たせているのかもしれません。

 方位を示す十二支の例では、多摩六都科学館で昨年秋に展示されたキトラ古墳の壁画を思いだしてください。そこには四つの方位を示す聖なる神獣として東に青龍、北に玄武、西に白虎、南に朱雀が描かれており、その下に十二支の動物の顔をした人身が描かれていました。但し、古墳内部の保存状態の劣化で展示された十二支の人身像では寅の顔だけしか明確に見ることができませんでした。勿論、壁画が描かれたときには西壁の白虎の下に酉の顔をした人身像があったに違いありません。
 天体の運行を方位で知り、季節や時の流れを知った古代の人々が、方位と結びつく時の流れを、誰もが知っている動物を利用して仲間と共有できる知識としたことに気づくと、十二支は古代人の知恵の素晴らしさを物語っているようにも思えます。

 私たちの住む世界には目には見えないものがいくつもあります。時間の流れや、空間の方位もその一つです。「日読みの酉」が示す時の流れや方位は、目では見えないものを心で知る人間の知恵の表れかもしれません。
 「日読みの酉」は動物としては時を告げる鶏を示しています。それでは鶏はどのようにして時の流れを知るのだろうか?・・など、好奇心旺盛な人間は今年も新たな「ふしぎ」の解明と新たな「ふしぎ」の発見に努めるに違いありません。そんな科学の世界に触れられる場所として、皆さんに今年も多摩六都科学館をご利用頂ければと願っています。

——————–

髙柳雄一館長

高柳 雄一(たかやなぎ ゆういち)

1939 年4月、富山県生まれ。1964年、東京大学理学部物理学科卒業。1966年、東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、日本放送協会(NHK)にて科 学系教育番組のディレクターを務める。1980年から2年間、英国放送協会(BBC)へ出向。その後、NHKスペシャル番組部チーフプロデューサーなどを 歴任し、1994年からNHK解説委員。
高エネルギー加速器研究機構教授(2001年~)、電気通信大学教授(2003年~)を経て、2004年4月、多摩六都科学館館長に就任。

2008年4月、平成20年度文部科学大臣表彰(科学技術賞理解増進部門)




前のページへ最新|1|23456最初次のページへ

ページの先頭へ戻る

〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64 TEL:042-469-6100

多摩六都科学館は「最も先進的」として世界一に認定されたプラネタリウムと、観察・実験・工作が楽しめる体験型ミュージアムです。小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市で運営しています。

2012 Copyright TAMAROKUTO SCIENCE CENTER