髙柳雄一館長のコラム

天の川銀河に探る私たちの未来

世界的流行となったコロナウイルス感染症拡大の勢いは何時衰えるのか、予測がつかない状況が続いています。日本だけではなく、世界中で、手洗い励行とマスクの着用、対人距離の確保が人々に求められていることを知ると、今回の感染症の流行が地球に住む私たちの文明の未来へどんな影響を及ぼすのか、そんなことまで心配になって来ます。地球文明の持続には、感染症の世界的流行の危機を乗り越える手立てを持つことが必要不可欠であることに、私たちは、現在、あらためて気づかされているのかもしれません。

電波を巧みに操り、通信衛星や放送衛星を使い、地球全体で情報を共有して、私たちは暮らしています。地球の至る所で進行するコロナウイルス感染症拡大の状況を知ることができるのも、地球文明を特徴づける電波利用技術の成果です。今回、そんな地球文明の未来への危機を感じた時、地球文明のように電波の交信技術を持った文明の未来を宇宙で意識した天文学者の研究を思い出しました。

それは、電波で交信できる地球外知的生命の文明が天の川銀河に存在するとしたら、「いくつ存在するのか?」を求めた研究でした。天の川銀河にある太陽系の地球には、それが既に存在していることは事実です。それを踏まえて、天の川銀河に存在する宇宙文明の数を求める式を、アメリカの電波天文学者フランク・ドレイク博士が発表したのは1961年でした。

この式は、天の川銀河で一年間に生まれる恒星の数、恒星が惑星系を持つ割合、惑星系で生命が存在できる惑星の数、その惑星で生命が誕生する割合、その生命が知性を獲得し知的生命に進化する割合、知的生命が星々の間で通信を果たせる技術を持つ割合、知的生命が手に入れた電波で交信できる技術文明を存続できる期間など七つの値を推定し、それらを掛け合わせる式となっています。ドレイクの式に興味をお持ちの方は、ご自分で調べてみてください。ここでは七番目に登場した値が宇宙文明の寿命にあたることに注目しておきます。

ドレイクの式が公表されて以後、人類の宇宙探査の成果の広がりは膨大です。ドレイクの式と関係する項目で有名なのは、1995年に「ペガスス座」に輝く太陽に似た星の周りに存在する惑星の発見でした。昨年、この成果が認められ、発見者であるスイスにあるジュネーブ大学のミシェル・マイヨール博士とディディエ・ケロー博士の二人がノーベル物理学賞を受賞しています。この発見は、それ以後の太陽系外惑星探査を導き、現在では太陽系以外で4000個以上もの惑星が発見されています。

ドレイクの式と関連するその後の宇宙探査の成果を活かして、6月15日、イギリスにあるノッティンガム大学の天体物理学者たちは、「アストロフィジカル・ジャーナル」誌に発表した研究成果の中で、知的生命が天の川銀河で存在できる条件を検証し、地球上で生命が誕生してから私たちが生まれて現在にいたるまで約50億年かかっていることや、地球がさまざまな鉱物でできていることなど、地球の知的生命について分かっていることを基に、知的生命による文明が存在できるのは太陽に似た星に存在する惑星系に限定するなど、天の川銀河に存在する知的生命に関する仮定を導き出しています。その結果、天の川銀河には地球のような知的文明社会を持つ惑星が36あると言う、興味深い結果を出しています。
(https://iopscience.iop.org/article/10.3847/1538-4357/ab8225)

皆さんはこの結果をどう思われましたか? 意外に多いと思った方も、少ないと思った方もいらっしゃるでしょうね。この数字を、研究者たちは人類が無線通信を発明したのがわずか100年ほど前だったことを基に、宇宙の文明社会の平均寿命を100年前後と計算した結果だと説明しています。そしてもし文明社会が100年よりも長く存続できる場合、天の川銀河のあちこちで数百の文明が活動していておかしくはないと述べています。

天の川銀河では知的文明が絶えず生まれては、しばらくのあいだ無線信号を宇宙へ送り出し、やがて消滅して消えているのかもしれません。いま現在、どれだけの知的文明が活動しているかは、そうした文明の平均的な存続期間によって変わるようです。地球外にある知的生命の文明を探し、天の川銀河で現在活動している知的文明の数を知ることができれば、地球文明がどれだけ長く存在できるのか、その可能性を探る手がかりにもなり得るようです。

七夕の季節を迎えました。私たちにとって七夕は地上の思いを夜空の星々にはせる機会でもあります。今年は、世界的感染症流行の危機に見舞われている地球文明の未来にも思いをはせて、天の川の星々を眺めてみたいと思っています。






高柳 雄一(たかやなぎ ゆういち)

1939 年4月、富山県生まれ。1964年、東京大学理学部物理学科卒業。1966年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、日本放送協会(NHK)にて科 学系教育番組のディレクターを務める。1980年から2年間、英国放送協会(BBC)へ出向。その後、NHKスペシャル番組部チーフプロデューサーなどを 歴任し、1994年からNHK解説委員。
高エネルギー加速器研究機構教授(2001年~)、電気通信大学教授(2003年~)を経て、2004年4月、多摩六都科学館館長に就任。 2008年4月、平成20年度文部科学大臣表彰(科学技術賞理解増進部門)

今は6月!巡りくる時のお話

コロナウイルス感染拡大で緊急事態が続き、その間、私たちは不要不急の外出を避ける生活に取り組んできました。外出しているときは、散歩にしろ、買い物にしろ、自分がしていることが、今必要な行為なのか、絶えず意識させられたことを思い出します。これまでと大きく異なった点は、戸外で出会う人間同士の距離を常に意識する必要がありました。

こんな体験は、今どこに居て何をしようとしているのか、足元も含めて常に自分の今の行動を意識して生活することが、この世で安全に生きる大切な営みであることに気づく機会となりました。自分を意識できるようになって以来、今を意識した時、私たちは何をするか、何をすべきか、これからはじめる行動を無意識にしても考えているはずです。そんな日常では無意識となっていた行為までも、今回の緊急事態では、他人との距離を配慮することで明確に今を意識する必要を迫ったと言えます。

今を意識する機会が多くなったからでしょうか? 私たちが出会う今には、状況に応じて、様々な今があることにも気づかされました。今ならできる、今こそすべき、今はできない、今もできる、今からできる、今は無理、・・・、緊急事態で私が意識した、それぞれの今を振り返ると切りがありません。緊急事態が解除された今、制約も少なくはなり、今からは、これまで以上に多彩な今を意識できるはずです。そして、今は6月!

どんな今が6月には期待できるのか? 巡りくる6月の時をいくつかを書いてみます。

今は昔、大和の飛鳥から都を近江の大津に移された天智天皇と言う方がおられました。日本古代の歴史を記録した『日本書記』によると、天智天皇は現在の暦で671年6月10日、大津で漏刻と呼ばれる水時計を造って時の経過を調べ、鐘や太鼓を打って都の人々に時を告げさせました。

祝祭日が無い6月のカレンダーで目立つ「時の記念日」は、この故事により、100年前の1920年、時間の大切さを尊重する意識を広めるために、東京天文台と財団法人生活改善同盟会によって制定されました。100年も、人々に意識され続けてきた6月を特徴づける記念日になっていると考えると、6月を巡る時のお話では外せない話になっています。

「時の記念日」は日本に限られたお話ですが。6月には、世界中の人々に地域ごとに影響は異なりますが、地上の季節の移り変わりと関係する時があります。それは夏至と呼ばれています。国語辞典で夏至を調べると、「太陽が夏至点を通過するときで、北半球では昼が最も長く、夜が最も短くなる。」と記されています。夏至点は太陽が運行する軌道が地球の赤道を宇宙へ広げた平面から最も北へ離れた点を指していますが、興味をお持ちの方は、ご自分で調べてみてください。いずれにしても、夏至は太陽の周りを一年で回る地球で、太陽から降り注ぐ光の量で変わる季節の節目となる時に当たっています。ですから、地上では6月21日、あるいはその前後の日のいずれかには夏至となり、夏至となった日を夏至の日としています。そして、今年の夏至の日は6月21日(日曜日)です。

夏至の日は、6月に巡りくる日として毎年恒例ですが、今年の夏至の日は、今年ならではの特別な時も迎えます。最後に、そんな時のお話を述べて今月のコラムを締めくくります。

今は新月、地上から見える月は太陽の影に覆われています。皆さんは新月の時、太陽と地球をむすぶ直線上に月が位置すると、地上に月の影が届き日食となることをご存じですか? 日食は地上で昼間の太陽に重なった新月の姿と言ってもよいかもしれません。そんな宇宙のドラマが、今年の夏至の日には、地球で見られる場所があるのです。

今年の夏至の日に起こる日食は、新月が太陽を完全には隠さず、最大でも金環日食です。皆既日食で出現するコロナは見えません。今はそれが良かったようにも思えます。この金環日食をつくる月の影は、エチオピア、パキスタン、インド、中国、そして台湾を通ります。

2019年1月6日の様子
(写真:2019年1月6日の様子)

 

日本では残念ですが、晴れていても夕方の空で部分日食を見ることしかできません。日本で見える部分日食の詳細は多摩六都科学館の天文チームが素敵なご案内を用意するでしょう。

(参考)2020年6月の星空案内

今は6月。今も先行きの見えない今に直面する機会は少なくありません。皆さんが、緊急事態後の新しい生活の中で、これから確実に巡りくる時に触れてみました。その時に、皆さんが素敵な今を体験されることを願っています。




高柳 雄一(たかやなぎ ゆういち)

1939 年4月、富山県生まれ。1964年、東京大学理学部物理学科卒業。1966年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、日本放送協会(NHK)にて科 学系教育番組のディレクターを務める。1980年から2年間、英国放送協会(BBC)へ出向。その後、NHKスペシャル番組部チーフプロデューサーなどを 歴任し、1994年からNHK解説委員。
高エネルギー加速器研究機構教授(2001年~)、電気通信大学教授(2003年~)を経て、2004年4月、多摩六都科学館館長に就任。 2008年4月、平成20年度文部科学大臣表彰(科学技術賞理解増進部門)