髙柳雄一館長のコラム

令和元年、夏の思い出から

9月になりました。カレンダーでは秋を意識させる画像が使われ、夏から秋へと変わる季節に生活していることも気づかせてくれます。子どもの頃から、夏休みも終り、新学期が始まる9月は、何か新しいことが起こると期待を持って迎えていたことを思い出します。そんな期待を、学校の行事とは今では関係の無い自分が感じることに不思議な気がしています。

秋の深まりが期待できる9月、今年の猛暑の夏を振り返ると、関東地方では日照りの日々が続き、朝夕、頻繁に我が家の庭で散水を忘れないよう配慮したことを思い出します。雨に降られることがほとんど無い真夏日と熱帯夜の連続で、庭の植物たちの葉が枯れ始めているのを目にして以来、小さな庭とは言え、朝夕の水遣りは私の夏の日課となりました。

日照り続きで、大切な葉がしおれて枯れ始めたことに最初に気づいた植物は、プランターで栽培しているバジルでした。時々、我が家の食卓にも登場する貴重な食材であるバジルの葉っぱを助けるには朝夕の水遣りが必要と、私にとって不慣れな夏の日課をはじめました。それだけに、朝夕の日課がもたらす水の恵みを受ける庭の植物の中で、バジルには特に意識して丁寧に根元へ水を注いできたことを思いだします。

我が家の庭で私が注いだ水の恵みを受けたのは、もちろん、バジルだけではありません。バジルは玄関先の前庭にありますが、玄関先には小さな花壇もあり、植物の生育している場所には、できるだけ満遍なく水が届くように散水ホースを延ばして水を撒きました。この他に、私がもたらす水の恵みを受けたのは裏庭にある柚子の木やワビスケの木、低木のアジサイたちの根元に生えた草花でした。

夏の庭での水撒きで、一番印象に残った出来事は、裏庭の草むらで、夕闇が迫る時間に、偶然出会った一匹のヒキガエルです。水撒きの最中に草むらかに動く姿を見て、我が家の庭にヒキガエルが住んでいたことを知り、大変喜んだことを思い出します。大きさは私の手の拳骨ほどあり、夕闇の中で草葉の影では目だたない墨色に見えました。以来、今年の夏、我が家の庭の動植物にとって、私は恵みの水をもたらす神様のような存在だったのかもしれないと、勝手に想像して楽しんでいます。

我が家の庭に住むヒキガエルにはその後も一度、水撒きの最中に出会いました。柚子の木の実もようやく目立つ大きさになり、今年の秋の収穫にも期待を寄せています。我が家の庭に住む生きを物たちにも、猛暑の夏を生き延びて秋の到来を楽しむ姿を見ることができれば良いなあ、と期待しています。皆様方も、素敵な9月に出会われるようにと願っています。

 


9月になって、3度目に出会ったヒキガエル





高柳 雄一(たかやなぎ ゆういち)

1939 年4月、富山県生まれ。1964年、東京大学理学部物理学科卒業。1966年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、日本放送協会(NHK)にて科 学系教育番組のディレクターを務める。1980年から2年間、英国放送協会(BBC)へ出向。その後、NHKスペシャル番組部チーフプロデューサーなどを 歴任し、1994年からNHK解説委員。
高エネルギー加速器研究機構教授(2001年~)、電気通信大学教授(2003年~)を経て、2004年4月、多摩六都科学館館長に就任。 2008年4月、平成20年度文部科学大臣表彰(科学技術賞理解増進部門)

猛暑の8月、旧暦に記された月を眺めよう

8月に入って猛暑の真夏日が続いています。昼間は戸外での活動をなるべく避けて過ごす日も多くなりました。そのせいでしょうか?多少は気温も下がる夜は、ホッとして家の外に出て空を眺める機会も増えました。
そんな時、晴れていれば、夜空にどんな姿の月が出ているかを探す、子どもの頃からの習慣は今も変わっていないことに気づかされます。

前回のコラムでも紹介しましたが、今年の8月7日は旧暦の七夕の日に一致しました。つまり、8月1日には新月の夜を迎え、7日の夜は月齢7の七夕の月が出ました。月の満ち欠けに従って新月から新月までを一ヶ月とした旧暦の7月が、私達が利用している今年のカレンダーの8月1日から29日までに重なっているからです。
8月29日までと書いたのには理由があります。地上で見る月の満ち欠けは凡そ29.5日で繰り返しています。ですから8月1日が新月ですと次の新月は8月30日になり、この日は旧暦では8月1日になって、もう旧暦の7月は終わっています。いずれにしても、私たちは、今年の8月、二度も新月の夜を迎えることに変わりはありません。

同じ月に二度出現する満月は、月に一度だけ出会う普段の満月に比べると珍しい満月となり、英語ではブルー・ムーンと呼び、人びとの注目を集める出来事になっています。月に二度出会う新月も、同じ理由で、やはり珍しい新月となります。そこで月に二度出会う新月は英語でブラック・ムーンと呼んで、同じように注目すべき自然現象になっています。
現在私たちが使っているカレンダーでは2月を除いて、どの月も一ヶ月は30日以上あります。ですから、2月以外の月では、時にはブルー・ムーンやブラック・ムーンを眺める機会に巡り会えることが分かります。逆に月の満ち欠けで1ヶ月を決めていた旧暦では、ブルー・ムーンもブラック・ムーンも存在しないことを考えると、月を眺めて楽しむ機会を、暦の上で色々と設けてきた私たち人間の文化の特徴にも気づかされます。



明治5年まで旧暦を使用してきた日本では、それまで月の満ち欠けで暦の上での日の移ろいを知ってきました。月を眺めることは生活の上でも人間にとっては必要な営みでした。
暦の日付を含む月としては、三日月(みかづき)、十三夜月(じゅうさんやづき)、十五夜(じゅうごや)、十六夜月(いざよい)などが良く知られています。日付は入っていませんが、17日目の立待月(たちまちづき)、18日目の居待月(いまちづき)、19日目の寝待月(ねまちづき)、20日目の更待月(ふけまちづき)、26日目の夜明けに見える有明月(ありあけづき)は、暦の上で月見を必要とした人々の月への思いをしのぶ事が出来ます。


十三夜

今年は人類がアポロ計画で月面に足跡を残して50年目。世界中で月探査の歴史をしのぶ行事が行われました。アメリカでは2024年までに再び人間を月に送る計画も進行中です。60年前、ソ連のルナ3号が月の裏側の姿を撮影して以来、その後に続く人類の月探査機は、地上の人間には見えなかった月世界の新たな姿を克明に捉えてきました。科学が見せる多様な月の姿の中で、地上で生活するために人類が眺めてきた月の姿を思い出すことも文化を守る上で大切な人間の営みかもしれません。

猛暑が続く今年の8月、涼しい夜風に触れて、昔から人間が地上で眺めてきた旧暦に記された月の世界に思いを馳せてみては如何でしょうか?





高柳 雄一(たかやなぎ ゆういち)

1939 年4月、富山県生まれ。1964年、東京大学理学部物理学科卒業。1966年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、日本放送協会(NHK)にて科 学系教育番組のディレクターを務める。1980年から2年間、英国放送協会(BBC)へ出向。その後、NHKスペシャル番組部チーフプロデューサーなどを 歴任し、1994年からNHK解説委員。
高エネルギー加速器研究機構教授(2001年~)、電気通信大学教授(2003年~)を経て、2004年4月、多摩六都科学館館長に就任。 2008年4月、平成20年度文部科学大臣表彰(科学技術賞理解増進部門)