多摩六都科学館ボランティア会

多摩六都科学館ボランティア会は、利用者とのコミュニケーションをはじめ、教室やイベントの企画・運営などの幅広い活動を、科学館のスタッフと連携して行っています。
平成12(2000年)度のリニューアル事業の一環として活動をスタート。それぞれの会員が、多彩なキャリアを活かした社会貢献の場としています。平成17年(2005年)度からはジュニアボランティアも活動を開始。現在は、有志が集まって理科学習班や雑木林・いきもの観察班を運営したり、独自のプログラムを企画運営するなど、活動の幅が大きく広がってきています。

活動人数

131名(2019年8月現在)…一般ボランティア104名、ジュニアボランティア27名

組織

多摩六都科学館ボランティア会は、活動を通して社会貢献と生涯学習を実践するものとして、組織を運営しています。会員同士対等な関係を軸に、代表及び副代表を選出し、活動方針などは総会又はチームリーダー会議により決定します。曜日班、理科学習班、雑木林・生きもの観察班が活動中です。

活動内容

<一般ボランティア>
主な活動内容 ・展示室での来館者とのコミュニケーション ・観察、実験、工作等のワークショップの運営 ・教室やイベントの企画・運営 ・アウトリーチの企画・運営 ・天体観望会や自然観察会の運営 ・特別展、企画展の支援 など

活動日・活動時間  火曜日~日曜日班に所属し活動。開館時間内(9時〜17時) *活動内容などによって変動があります

<ジュニアボランティア>
・館内の各種イベントの補助 ・ワークショップ補助 など
活動日・活動時間  学校が休みの日に活動。開館時間内(9時~16時、半日活動も可)
ジュニアボランティアだよりはこちら

募集

※2020年度から引き続き、活動休止中のため、募集を見合わせております。
活動再開次第、こちらのページに掲載いたします。

 

 

ページの先頭へ戻る