今月の星空

2020年 8月の星空案内

天の川銀河の姿を想像してみよう

夏の空を彩る天の川。その正体は、「天の川銀河」または「銀河系」と呼ばれる、星の集まりです。天の川銀河全体では約2000億個もの星があると考えられており、太陽系や星座を形づくる星々は、この銀河を構成する星のひとつです。

天の川銀河の形状は和菓子のどら焼きとよく似ています。どちらも円盤状で、中心部分が膨らみ、平べったい形をしています。あんこの詰まった中心部分は、天の川銀河では特にたくさんの星が集まっている場所です。頭の中の宇宙で、「銀河どら焼き」の姿を味わってみてはいかがでしょうか。

 

〈今月のポイント〉

ペルセウス座流星群を見よう!

毎年8月中旬はペルセウス座流星群の活動が活発になり、普段よりも流れ星が見られるチャンス。今年のペルセウス座流星群の出現のピーク(極大)は8月12日の22時頃の予想です。郊外の暗い場所にお出かけするのがおすすめですが、街中でも暗めの場所なら見えることがあります。できるだけ時間をかけて暗さに目を慣らして、じっくりと空を眺めましょう。

【8月の主な天文現象】

8/ 1~2 月、木星、土星が並ぶ
8/ 4  満月
8/9 月と火星が並ぶ(22時頃~明け方)
8/12 下弦
ペルセウス座流星群が極大(出現のピーク)
8/13 金星が西方最大離角…地球から見て金星が太陽の最も西側にあるとき。
8/16 月と金星が並ぶ(明け方、東の空)
8/19 新月
8/25 伝統的七夕
8/26 上弦
8/28~29 月、木星、土星が並ぶ

 

【8月の星空】

★世界一のプラネタリウムで 東京の星空をライブ解説★


当日の天文現象や季節の星座を、時には情緒的に、時にはユーモアを交えながら、わかりやすくお話します。また、投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」は、世界最多1億4000万個を超える星々を投映するプラネタリウムとして世界一に認定。直径27.5mの大型ドームスクリーンに、微細な星の輝きが広がり、奥行き感のあるリアルな星空をお楽しみいただけます。

【投影スケジュールはこちら】