髙柳雄一館長のコラム

七夕に思うこと

2017.07.07 19:19:16
テーマ:館長コラム 

七夕が話題になる季節になりました。笹の飾りに付ける短冊の願いを子どもたちが話している声を耳にすると、子どもの頃に参加した七夕の催しを懐かしく思いだしました。日本では、いつの頃から七夕の行事が多くの人々の間で始まったのでしょうか?

7世紀後半から8世紀後半にかけてまとめられたと言われる『万葉集』の中にも、七夕の夜、夜半を過ぎて月が隠れ天の川の星々が際立ってきた、今宵こそ織姫星と彦星の出会いが叶う様にと述べた歌など、七夕の夜を意識した歌が何首も残されています。

天の世界で働く織女星と牽牛星とも言われる彦星が天帝の定めにより、一年に一夜、七夕の夜だけ会うことが出来ると言う七夕の伝説は古代中国で生まれました。キトラ古墳の天井に描かれた中国の星座の世界がその舞台だったと想像することができます。

中国の星座の世界では、現在の北極星が位置する付近に天を支配する天帝の住む宮殿が想像され、さらには天帝の政治を司るお役人が集う役所や、経済活動を行われた天の市場まで想像されていました。星座は星官とも呼ばれ、そこに人間の様な星々が存在していると人々は考えていたようです。その中に七夕の伝説で主役となる織女星や彦星が居たのです。

地上に住む人間が、天帝の定めとして一年を通じて七夕の夜にしか会えない織女星と彦星の運命に同情し、その出会いの実現を願った風習は、何時の間にか、願い事をする個人の願いにまで広がって来たのかもしれません。現在では七夕の笹飾りに付ける短冊には職女星と彦星の再会の願いよりは、個人的な願い事を書く方が一般的になっています。

先に述べた万葉集の歌からも分かるように、七夕は現在の太陽暦が使われる以前は、夜半には必ず月が地平線の下に沈む陰暦7日の夜を意味しました。しかし現在では新暦、旧暦など、色々な配慮に従って七夕の行事が実施されています。願い事の広がりだけでなく暦の上でも、『万葉集』の時代からの日本古来の風習にみられる、そんな歴史の変遷を夜空に想像するのも七夕の楽しみ方かもしません。

一般に日本の本格的夏は梅雨が明けると始まります。梅雨の始まりや終わりは年毎の気象状況の変化に応じて変わります。しかし、天体の運行に従って決められた暦の季節を示す日は地上の影響を受けません。6月の夏至は太陽の運行で毎年決まっています。その意味では陰暦7月7日の夜空も地上の季節とは関係なく決まります。これに対して梅雨が空ける日はその年の地上の気象情報によって決まり、年によっては大きく変わります。

毎年、6月の夏至が過ぎ、7月になって七夕が人々の間で話題になると、今年の梅雨は七夕の前か後かなど、夏の到来を前に予想することもあります。最も、この際、七夕の日を新暦の太陽暦で考えるか、陰暦で考えるかによって予想の立て方も一様ではありません。

七夕の話題と梅雨明けの到来、その後に始まる夏の夜空との出会いに期待が膨らむ季節です。楽しい夏休みには何をしようか、色々な予定を立ててワクワクしていらっしゃる方も多いと思います。皆様方にとって今年も素敵な夏となりますように、多摩六都科学館も夏の特別企画でお待ちしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



天と地で楽しむ季節の移ろい

2017.05.18 19:08:51
テーマ:館長コラム 

 5月はじめの大型連休も終わり、夏の長いお休みまで、多くの方々にとって通学、通勤など、普段の日常生活を基本とするシーズンになりました。それだけ身の回りの世界を意識する機会も増えたのかも知れません。道端で出会うハナミズキの花の様子や、街角の生け垣に咲くツツジのピンクや白の色合い、梅雨を前にした紫陽花の開花状況など、この季節ならではの花々が見せる表情を楽しむことができます。

 桜の花の季節のあと、木々には若葉が多く茂り、緑の陰が深まって来ました。目立たない小さな花が、広がる緑を背景に人目をひく存在になっています。春から夏に移行するこのシーズン、梅雨が明けて、真夏がやって来る日本特有の季節の移り変わりを毎年私たちは体験してきました。今年もその季節の変化の始まりに気づかされると、大げさに言えば、これまで通りに生活できる世界に住んでいるという安心感も生まれるのでしょうか、ほっとすることもあります。

 我が家の玄関前に植えられているカラーの花が今年も咲きそろいました。黄色い小指のような穂が真っ白いハート型の花びらに包まれて、あたかも空を指差している様に茎を直立させていました。しばらくの間は、何本も林立して天を仰ぐカラーの姿を目にすると立ち止まって眺めていました。白いハート型の花びらと書きましたが、カラーの花びらは変化した葉から生じたものだと知ると、特徴ある姿を見せるこの植物が元来は南アフリカ原産と言われるのも頷けます。日本の気候風土に順応したこの植物が、今では初夏を示す花を咲かせる存在となったことを想像し、植物の大地に根ざす生命力のたくましさを感じます。

 地上の植物たちが季節に対応して変化していることは事実ですが、植物の季節変化の原因は太陽が地表にもたらす陽射しが一年を通じて周期的に変化するからです。そのことに気づいた人類は一年を通じて太陽の運行を天と地で世代を超えて詳しく観察しました。太陽が真東から昇り真西に沈む春分と秋分の日の発見、そして季節の変化を捉える上で重要な夏至や冬至の日の発見を重ね、やがて古代の人々は天空の中を移動する太陽が星占いの星座の中を移動することを知りました。星占いの12星座は、古代の人々が太陽の運行を知る天のカレンダーとして使われた、季節の変化をいち早く知る重要な星座だったのです。

大小島さんプラネ 天と地で季節の変化を意識してきた、そんな人間の歴史の中での営みも思い出しながら、先日、多摩六都科学館のプラネタリウム、サイエンス・エッグで現在投影されている番組「全天88星座」を楽しみました。番組をご覧になると分かりますが、地元出身の大小島 真木さんが地上で見る水と緑と子どもたちを星々の世界に配置して描いた星座絵は、天と地を結ぶ人間の想像力の素晴らしさを印象的に伝えています。

 真夏を前にして、これから私たちは梅雨の季節を迎えます。晴れた夜空が望めなくなると、それだけ織姫星と彦星が挟む天の川が話題となる夏の夜空が待ち遠しくなります。そんな時、多摩六都科学館のプラネタリウムで星座の世界の成り立ちと魅力に触れていただければ、皆さんが今年の夏に出会う夜空はさらに素晴らしい世界になるに違いありません。




前のページへ最新1234|5|678910最初次のページへ

ページの先頭へ戻る