髙柳雄一館長のコラム

年の瀬にみる時の姿

いつもバス通勤で通る吉祥寺駅北口の広場も、日の入りが早まった12月を迎えると、帰宅時の夕闇にはイルミネーションが一段と周りに映えて、年の瀬らしい世界になりました。

広場は11月初めから、ここで一番目を引く井の頭動物園で長寿を全うしたゾウの「はな子」の銅像に冬を意識した温かいマフラーが首に巻かれ、銅像の背後には屋根の煙突に雪を被る素敵なサンタクロースの家が建てられました。この不思議な光景は、出現以来、年末を迎えて急ぎ足で通る人々にも注意を喚起して来ました。そして今は、年の瀬の慌ただしさとも重なり、年末に感じる師走の加速した時の流れを目に見える形で示してくれます。

思い出すと、このコラムでは、毎年、12月には、時の流れに思いを馳せた話題を書いてきました。今回も、私たち人間が年の瀬になると目にする時の姿について感じたことを少しばかりお話してみたいと思います。

人間が目にする時の姿と書きましたが、考えてみると私たちは時間が存在していることを当然のこととして信じていますが、誰も時間そのものを見たことはないはずです。

目には見えない時間の経過そのものを、人間は目に見える世界の状態変化を見ることで理解しています。例えば、時間の経過も、時計の針の動きや移動結果から、そこに示された文字盤の数字の違いで把握しているはずです。そんな意味では、カレンダーの利用も、日月という時間の存在を、昼夜が繰り返す回数や、季節変化で体験し、その時間経過を人間社会で共通に把握するため人類が生み出した生活の知恵の成果だとみなすこともできます。

お陰で普段の生活では、時の経過を確認する際、私たちは時計やカレンダーを利用しています。そんな体験を考えるとき、私たちの存在とは関係なく過去から未来へと流れてゆく時間の存在を信じている人間は、日常の生活や社会的活動をしている際、それとは関わりを持たない時間の存在、時間の経過についてはあまり意識していないことにも気づかされます。

しかし、一方では、時間の経つのも忘れていたとか、こんなに時の経つのが速いとは思わなかった、と言う体験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?時間の存在、特にその経過を意識して、そんな時の流れに対する思い入れを持つときは、何か具体的な時の流れと関わった出来事と関係して時間の存在を印象付けられた時と言えるかもしれません。

人間の目では見えない時間の流れを、目で見える世界の状況変化を通して知ることで私たちが時の姿を把握していると考えると、私たち人間が、年の瀬になると、時間の流れ方に何故、特に敏感になるのか、ある程度は説明できるような気もします。年の瀬になると忘年会やクリスマスの集いや仕事納めなど、社会的な人間の営みと関わる時の姿に触れる機会も多くなります。そんな時、私たちは年の瀬の時の流れの姿に気づかされるのかもしれません。

時の流れと生活が深く関わる年末年始、一年で多彩な時の姿に出会う季節に皆さんが有意義な時の過ごし方をされることを願っています。


▲館庭展示のの天文精密日時計。先端球の影の中心で日本標準時と地方恒星時が読める。
写真は2019年12月8日、8:56頃


▲エントランスホールもクリスマスモードでお出迎え

 




高柳 雄一(たかやなぎ ゆういち)

1939 年4月、富山県生まれ。1964年、東京大学理学部物理学科卒業。1966年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、日本放送協会(NHK)にて科 学系教育番組のディレクターを務める。1980年から2年間、英国放送協会(BBC)へ出向。その後、NHKスペシャル番組部チーフプロデューサーなどを 歴任し、1994年からNHK解説委員。
高エネルギー加速器研究機構教授(2001年~)、電気通信大学教授(2003年~)を経て、2004年4月、多摩六都科学館館長に就任。 2008年4月、平成20年度文部科学大臣表彰(科学技術賞理解増進部門)

秋の星空にみる地球人の想像力と好奇心

七夕の織姫と彦星、夏の大三角形を描く星々が空高く輝き、そこから地平線に連なった星々が天の川に沿っていることをプラネタリムで確認して楽しんだ夏の夜空に比べて、秋の星空は、頭の真上に輝く明るい星の数も少なくなり、寂しく感じることにも気づかされます。

プラネタリウムで眺める秋の夜空では、天の川ぞいに位置したきらびやかな夏の星空が、西の地平線近くにかたむくと、頭上高く「ぺガスス座」の四辺形が大きな旗の様にかかっています。この四辺形は注目すると、少し横長に見える四角形です。その対角線を西北にのばせば、夏の大三角形の頂点をなす「はくちょう座」のデネブにとどきとどきます。ここら東北の夜空にむかって天の川が流れ、「ケフェウス座」、「カシオペア座」、「ペルセウス座」へと続いています。「ぺガスス座」の四辺形の周りには、「アンドロメダ座」や、「くじら座」があり、ギリシャ神話をご存知の方は、エチオピア王国のケフェウス王とカシオペア王妃の娘アンドロメダが化け「くじら」に襲われる瞬間、天馬ペガサスに乗って現れた勇士ペルセウスが姫を助けたロマンに満ちたドラマが、秋の星空には散りばめられていることに思いを馳せるかもしれません。

 

今月、多摩六都科学館のプラネタリウムでは中国星座を取上げています。中国星座ではキトラ古墳の北壁に描かれた玄武の亀が見上げる夜空の天井に「ペガスス座」の四辺形が位置しています。この四辺形の南北を結ぶ東側の辺をつくる星は中国の28宿では壁宿、西側の辺をつくる星は室宿と呼ばれています。四辺形を囲む星々を、壁宿と室宿と表現した古代中国の人々も秋の夜空の四辺形に注目していたことが良く分かります。

秋の目立たない星空にまで、地上の人々が思い描いてきた星座が織りなす世界を辿ると、地球人が持つ果てしない想像力を広げてきた人間の営みにも驚かされます。星空の背後にまで広がった想像の世界は人間にとっては重要な好奇心の対象でした。好奇心が捉えた不思議を解明した科学の営みを、地球人は現代科学の成果として共有しています。

 

今年、ノーベル物理学賞を受賞したスイスにあるジュネーブ大学のミシェル・マイヨール博士とディディエ・ケロー博士は、「ペガスス座」に輝く、ある星を回る惑星の存在を1995年に発見しました。この観測は太陽の様な星の周りの惑星の存在を世界で初めての発見として、その後、宇宙に潜む太陽系以外の惑星探査を導いたことで高く評価されています。それ以来、太陽系以外で、現在まで4000個以上もの惑星が続々と発見されています。そして、観測技術が進んだ結果、地球の大きさで表面に液体の水があり、生命が存在する惑星を発見することは研究者にとって重要なテーマとなっています。いつの日か、宇宙に地球のような生き物が住む世界が見つかるかもしれません。

 

は1995年発見の惑星を持つ恒星(© 2003 Torsten Bronger. 2004 August 20)



 

宇宙には、地球以外にも、人類のように自分の住む世界の不思議を探り、その際、手に入れた知識や体験を、仲間と共に生かして文明や文化を生み出す宇宙人ともよべる生き物が存在してもおかしくはないと思える時代に私達は生きているのです。

今年の秋は、ひっそりと輝く星々の背後に潜む地球人の想像力と好奇心にまで思いを馳せて眺めて見るのも楽しいかもしれません。





高柳 雄一(たかやなぎ ゆういち)

1939 年4月、富山県生まれ。1964年、東京大学理学部物理学科卒業。1966年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、日本放送協会(NHK)にて科 学系教育番組のディレクターを務める。1980年から2年間、英国放送協会(BBC)へ出向。その後、NHKスペシャル番組部チーフプロデューサーなどを 歴任し、1994年からNHK解説委員。
高エネルギー加速器研究機構教授(2001年~)、電気通信大学教授(2003年~)を経て、2004年4月、多摩六都科学館館長に就任。 2008年4月、平成20年度文部科学大臣表彰(科学技術賞理解増進部門)