今月の星空

平成30年 7月の星空

2018.06.26 19:12:21
テーマ:今月の星空 

赤い色にはわけがある

7月は、夜空を彩る「赤い」天体たちに注目の1か月です。
東に輝く火星は今年15年ぶりの大接近となり、ひときわ明るい姿を見せてくれます。
火星が赤いのは、表面に広がるさびた鉄を含む赤い土や岩の大地を見ているためです。

一方、南の空低くに輝く赤い天体はさそり座の1等星アンタレスです。
アンタレスのように自ら輝く恒星は、表面の温度で色が決まります。
赤く見えるアンタレスの表面温度は、3000℃くらいです。

さらに、7月28日には皆既月食があります。
皆既月食の最中は月が赤っぽく見えることがありますが、
今回の月食は夜明けごろで空が明るい時間帯です。
一体どんな月が見えるのでしょうか。
早起きして観察にチャレンジしてみましょう。

【7月のおもな天文現象】
7/6  下弦の月
7/12 水星が東方最大離角
      ※水星が空で太陽から最も(東側に)離れて見える日。
       前後数日間は夕方西の低空で見つけやすくなる。
7/13 新月
7/15・16 月と水星と金星が並ぶ(夕方、西の空)
7/20 上弦の月
7/21 月と木星が並ぶ
7/25 月と土星が並ぶ
7/27 月と火星が並ぶ
7/28 満月/皆既月食 ※月食始まり3:24、皆既月食4:30~(当日、東京の日の出は4:46)
      火星が衝 ※地球をはさんで太陽と反対側にあるため、衝の前後数日間は一晩中火星を見られる。
7/31 火星大接近(地球と火星が5,759万kmまで近づく)



7_hoshizora


平成30年 6月の星空

2018.05.30 14:31:44
テーマ:今月の星空 

梅雨は星が見えない?

必ずしも、そうとは限りません。空気中の“ちり”や“ホコリ”を雨が洗い流すために、澄み渡った空が広がることがあります。空が透き通っていると、星の色の違いが際立ちます。

いま、宵の空には西に金星、南に木星、東に土星が輝いています。どれも肉眼では黄色っぽく見える惑星ですが、このころの金星は特に明るく見えますので、色に注目してご覧ください。

また、星座を形作る星にも色の違いがあります。同じ1等星でも、うしかい座のアークトゥルスはオレンジ色、
おとめ座のスピカは青白い色、さそり座のアンタレスは赤色に見えると言われています。
どれほど色が違って見えるのか、梅雨の晴れ間にみなさんの目で確かめてみてください。

【6月のおもな天文現象】
6/3 月と火星が並ぶ(夜遅く、東の空)
6/7 下弦の月
6/14 新月
6/16 月と金星が並ぶ(夕方から夜にかけて、西の空)
6/20 上弦の月
6/23・24 月と木星が並ぶ
6/27 土星が衝 ※地球をはさんで太陽と反対側にあるため、衝の前後数日間は一晩中土星を見られる。
6/27・28 月と土星が並ぶ
6/28 満月



6seizu


平成30年 5月の星空

2018.04.29 19:50:58
テーマ:今月の星空 

星空は、ようやく春です

にぎやかな冬の星座が去り、春の星座が主役となる季節になりました。
北の空高くにかかる、大きなひしゃくの形をした「北斗七星」から春の星座探しを始めましょう。

ひしゃくの持ち手を、ゆるやかなカーブを描きながら南の空へ伸ばしてみると、
二つの1等星にたどりつきます。
橙色にきらめくうしかい座のアークトゥルスと、白色に輝くおとめ座のスピカです。

アークトゥルス、スピカとしし座の2等星デネボラをつないで「春の大三角」を作ったら、
三角形の東側に見える木星や、西側に見えるしし座の1等星レグルスも探してみましょう。

日の入後の西の空低くに明るく見えている、「宵の明星」金星にも注目です。

【5月のおもな天文現象】
5/1  月と木星が接近(明け方、西の空)
5/5  月と土星が接近(明け方、南の空)
5/6  月と火星が並ぶ(明け方、南の空)
5/8  下弦の月
5/9  木星が衝
        ※地球をはさんで太陽と反対側にあるため、衝の前後数日間は一晩中木星を見られる。
5/15 新月
5/18 月と金星が並ぶ(夕方、西の空)
5/22 上弦の月
5/27 月と木星が並ぶ(28日未明に接近)
5/29 満月

hoshi_5



前のページへ最新12|3|45678最初次のページへ

ページの先頭へ戻る