今月の星空

平成30年 4月の星空

2018.03.31 18:26:10
テーマ:今月の星空 

西に金星、東に木星

日の入後、西の空に「宵の明星」金星がまぶしく輝いています。
金星は1等星の100倍もの明るさがあり、
飛行機の明かりなどと見間違えてしまう人がいるほどです。
街の空でも一目で見つけられるでしょう。
すぐそばには冬の星座の明るい星々も輝いています。

オリオン座や「冬の大三角」を探してみてください。
夜になれば、東の空から太陽系最大の惑星・木星がのぼります。
明るさは金星に敵わないものの、暗い夜空で見事な輝きを見せてくれます。

木星の少し高い空にある「春の大三角」も探してみましょう。
冬から春へと変わる星空を、惑星と一緒にお楽しみください。

【4月のおもな天文現象】
上旬…火星と土星が並ぶ(明け方、南東の空)※3日が最も近く並ぶ
4/3 …月と木星が並ぶ
4/8 …下弦の月、月と火星と土星が並ぶ(明け方、南東の空)
4/16…新月
4/18…月と金星が並ぶ(夕方、西の空)
4/23…上弦の月
4/25前後…金星とプレアデス星団(すばる)が並ぶ(夕方、西の空)
4/30…満月、水星が西方最大離角(前後数日、明け方の東の低空で見られる可能性がある)

4月星空


平成30年 3月の星空

2018.02.27 17:40:13
テーマ:今月の星空 

金星、シリウス、一番星はどっち?

夕方、太陽がしずんだら、西の低い空を見てください。宵の明星・金星が輝いています。金星の明るさは1等星の約100倍もありますが、夕焼けの中では少し見つけづらいかもしれません。西の空が開けた場所で探してみてください。
金星が見えるころ、南の暗くなりつつある空には、星座の星の中で一番明るいおおいぬ座のシリウスが輝いています。
夕方に最初に見える星を一番星と呼びますが、金星とシリウス、どちらが一番星として見えるでしょうか。
これから金星はどんどん見やすい高さになり、今年の春から夏にかけては眩しいほどの輝きを見せてくれます。見え始めたばかりの控えめな金星をぜひ見てください。

【3月のおもな天文現象】
3/2…満月
3/4 …金星と水星が最接近(夕方、西の低空)
    ※前後数日、金星と水星が並ぶ
3/6~7…月と木星が並ぶ
3/9 …下弦の月
3/10…月と火星が並ぶ(明け方)
3/11…月と土星が並ぶ(明け方)
3/16…水星が東方最大離角
    (前後しばらく、日の入り直後の西の低空で見られる可能性がある)
3/17…新月
3/19…月と金星が並ぶ(夕方、西の空)
3/21…春分の日
3/25…上弦の月
3/31…満月
3月末~4月上旬…火星と土星が並ぶ(明け方)

3月星図-01


平成30年 2月の星空

2018.01.31 10:16:58
テーマ:今月の星空 

冬の星座探しはオリオン座から

冬の夜空には明るい1等星や2等星がたくさんあり、
街の中でもたくさんの星を見ることができます。
「冬の大三角」や「冬のダイヤモンド(大六角形)」を
作りながら冬の星座を探してみましょう。

まず最初に、オリオン座を探すのがおすすめです。
1等星と2等星が砂時計のような形に並んでいて、
初めて星座を探す人にもとても見つけやすいです。

オリオン座を見つけたら、赤い1等星のベテルギウスとその東の2つの星で「冬の大三角」、
ベテルギウスを中心に周りの6つの1等星をつなぐと「冬のダイヤモンド」です。
とても大きな六角形ですので、空を広く探してください。

【2月のおもな天文現象】
2/2   月がレグルス(しし座の1等星)を隠す
     (東京では5:00~5:22)
2/8   月と木星が並ぶ(夜明け前)
     下弦の月
2/10 月と火星が並ぶ(夜明け前)
2/12 月と土星が並ぶ(夜明け前)
2/16 新月
2/23 上弦の月

3_hoshi



前のページへ最新123|4|56789最初次のページへ

ページの先頭へ戻る