今月の星空

2020年03月一覧

2020年 3月の星空案内

明け方の空で火星、木星、土星が集合

今年3月は、明け方東の空に見どころがあります。
火星、木星、土星という3つの惑星が大変近くに集合する珍しい様子を見ることができます。
さらに3/18~19頃には新月前の細い月が加わり、空がよりにぎやかに見えるでしょう。
惑星は、肉眼でも明るさの違いや色の違いがわかりやすい天体です。
3つの惑星の中で、1番明るく見えるのが木星、赤っぽく見えるのが火星、残る1つが土星です。
日の出前の4時~5時頃、少し早起きをして、惑星が彩る朝焼けの風景を楽しんではいかがでしょうか。

〈今月のポイント〉
惑星を見つけるポイント
・周りの星と比べて明るく見える星
・またたかないように見える星
何百光年も先にある恒星と異なり、惑星は地球から比較的近い場所にあります。
恒星・惑星はどちらも一見すると小さな「点」で輝くように見えますが、惑星は見える部分がわずかに広く「面」として輝くため、明るさが安定してまたたかないように見えるのです。
望遠鏡で見てみるとさらに違いがよくわかります。

【3月の主な天文現象】

3/3 上弦
3/10 満月
3/16 下弦
3/19~21 火星と木星が並ぶ(明け方、東の空)
3/20 春分
3/24 新月 水星が西方最大離角※(明け方、東の空)
3/25 金星が東方最大離角※(夕方、西の空)
3/28 月と金星が並ぶ(夕方、西の空)
3/31 火星と土星が並ぶ(明け方、東の空)
※地球から見て内惑星(水星、金星)が太陽の最も東側にあるときを東方最大離角、最も西側にあるときを西方最大離角といいます。最大離角の前後数日間は、内惑星が見つけやすくなります。

【3月の星空】


※3月4日に訂正版を掲載しました

★世界一のプラネタリウムで 東京の星空をライブ解説★


当日の天文現象や季節の星座を、時には情緒的に、時にはユーモアを交えながら、わかりやすくお話します。また、投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」は、世界最多1億4000万個を超える星々を投映するプラネタリウムとして世界一に認定。直径27.5mの大型ドームスクリーンに、微細な星の輝きが広がり、奥行き感のあるリアルな星空をお楽しみいただけます。

【投影スケジュールはこちら】