今月の星空

平成30年 8月の星空

2018.07.31 18:44:07
テーマ:今月の星空 

惑う星が集う夏

2018年8月は、日の入りから1時間ほど後の空に4つの惑星が見えています。
西から順に金星・木星・土星・火星です。“惑う星”と呼ばれるだけに、
惑星は日々星座の中を移動していくように見えます。
そのため惑星の位置は星座早見盤にのっていません。
そして今回のように、いくつもの惑星を同時に見られるのはとても珍しいことです。
どれも明るく、夜空で目立って見つけやすい星なので、この星空案内を片手に惑星を探してみてください。

夏の風物詩ペルセウス座流星群にも注目です。
今年は月明かりの影響がないので、観察がしやすいでしょう。
夏の星座たちも見ごろを迎えて、星空も夏本番です。
惑星・流れ星・星座など、もりだくさんの夏の夜空を存分にお楽しみください。

【8月のおもな天文現象】
8/5 下弦の月
8/11 新月
8/13 ペルセウス座流星群が極大(夜明け前)
8/14 月と金星が並ぶ
8/17 月と木星が並ぶ
8/18 上弦の月
8/21 月と土星が並ぶ
8/23 月と火星が並ぶ
8/26 満月
8/27 水星が西方最大離角
※水星が空で太陽から最も(西側に)離れて見える日。前後数日間は明け方東の低空で見つけやすくなる。

201808



ページの先頭へ戻る