髙柳雄一館長のコラム

秋の夜空に見る火星

2018.09.02 19:59:26
テーマ:館長コラム 

9月になりました。夏休みが終わって、新学期が始まった子どもたちの通学風景をあちこちで目にするようになりました。今年の夏は全国的に猛暑の日が続き、地域によっては、その合間に豪雨に襲われ、時には迷走する台風により大きな被害を受けました。新聞やテレビで目にした災害現場の痛ましい場面を覚えていらっしゃる方も多いと思います。

まだまだ日差しを強く感じる昼間は避けて、仕事の合間に楽しむ散歩はまだ夜の涼しい時間に限っていますが、そんな時、夜空で意識して探すのは赤く輝く火星です。

今年、地球へ火星が6千万キロ以内に大接近して話題になったのは7月31日でした。それ以後は、火星は地球から離れて行っているのですが、まだまだ星空では目立った存在です。私も夜8時過ぎに南の空に輝く赤い星を探し、夜の散歩の際は意識して眺めています。次回の火星大接近は2033年ですから、ようやく秋の気配も感じられる、この9月の夜空で眺める火星は、今年の秋の素敵な体験の一つです。

 火星は太陽系の中で、太陽の周りを地球軌道の外側を一番近く回っている惑星です。地球軌道の内側一番近くを回っている惑星は金星ですが、地球軌道の両隣の火星と金星は地球に近いこともあり、望遠鏡が発明される以前から人類は肉眼で詳しく観測してきました。

火星の話題に限ってお話すると、地上から見える火星の姿が時によって明るく輝きを増して見えることは、火星を継続して観測した人々にとっては大きな謎でした。この謎が解明されたのは太陽系惑星の太陽を回る軌道が正確には楕円形をしていて、太陽が惑星の楕円軌道で楕円の一つの焦点に位置していることが分かったからです。この結果、火星と地球の距離は複雑に離れたり、接近したりしていることが分かります。

火星だけではなく、太陽系の惑星全てに当てはまるこの関係はドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーによって発見されました。望遠鏡が存在しなかった時代、夜空に見える火星の位置を20年もの長い期間、克明に観測したデンマークの天文学者ティコ・ブラーエの観測記録をもとに、太陽を中心とする惑星軌道の正確な法則をケプラーが導き出した科学の歴史は、自然界の観測や実験で、人類が科学の知識をどうのようにして生み出してきたのかを見事に伝えてくれます。興味を持たれたかたは是非調べてみてください。

 望遠鏡が発明され、火星表面の克明な観測が始まり、さらに20世紀後半、宇宙探査機が何機も火星に送られている現在、隣の惑星である火星について、人類は様々な知識を手に入れています。火星の表面は北半球が低地で南半球は高地になっていることや、過去には液体の水があり広大な北の海も想像できることなど、人類は火星に行く前に火星の地形や地質、火星誕生後の表面環境の移り変わりを詳しく論じ始めています。

 隣の赤い惑星火星を眺め、あそこにも昔、生命が誕生したのだろうか?とか、人類は何時になったら火星で生活ができるのだろうか?など・・思いは時間を超えてひろがります。

ことしの秋の夜長、名月と共に火星の存在も楽しみたいものです。

201809column

——————–

OLYMPUS DIGITAL CAMERA高柳 雄一(たかやなぎ ゆういち)

1939 年4月、富山県生まれ。1964年、東京大学理学部物理学科卒業。1966年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、日本放送協会(NHK)にて科 学系教育番組のディレクターを務める。1980年から2年間、英国放送協会(BBC)へ出向。その後、NHKスペシャル番組部チーフプロデューサーなどを 歴任し、1994年からNHK解説委員。
高エネルギー加速器研究機構教授(2001年~)、電気通信大学教授(2003年~)を経て、2004年4月、多摩六都科学館館長に就任。 2008年4月、平成20年度文部科学大臣表彰(科学技術賞理解増進部門)


「たまろく駅」は科学の旅の始発駅

2018.07.26 11:26:07
テーマ:館長コラム 

 夏休みが始まりました。子どもたちには待ちに待った季節の到来です。一年で最も長いお休みが取れる夏休み。日ごろ行けない場所へ旅することが出来る季節です。多くの皆さんは夏休みならではの素敵な旅に思いを馳せていらっしゃることでしょう。

 夏休みは、私たちにとっても一年で最も多くの方々が来館される大切な季節です。今年は、夏休みの旅先としても多摩六都科学館を入れて頂こうと、館内に夏休み期間限定の臨時駅を開設しました。「たまろく駅」です。今回は、鉄道の路線上には無いユニークな「たまろく駅」利用のご案内をいたしましょう。

 「たまろく駅」には、私たちが鉄道を利用する際、どんな駅にも必ずある列車の発着時刻表示や列車に乗り降りするプラットフォームは見当たりません。鉄道の路線上に無い駅ですから当然ですね。その代り、この駅には、普通の駅では見ることができない、私たちが日頃接している鉄道に関わる色々な世界を見たり触れたりできる展示が配置されています。

_DSC7549
▲会場のようす

 鉄道の発着駅では無い「たまろく駅」は、今年の夏の特別企画展である「鉄道展2018・たまろくステーション~駅からみえる まち・ひと・技術~」の会場そのものなのです。

 会場の臨時駅長からの「ごあいさつ」にも書きましたが、陸に住み、そこで活動する人類は陸上での活動範囲を広げ現在の文明を築き上げるために様々な道をつくり、それを発展させて来ました。その中でもレールのある道・鉄道は人類が鉄の利用を活かした文明の素晴らしい成果のひとつに違いありません。鉄道の利用が私たちの生活とどれほど深く関係しているかは、今回の西日本豪雨の災害で鉄道が不通になった地域で、被災地の復興に鉄道の復旧が急務となっていることからも良く分かります。

 私たちの生活にとってこんなに重要な鉄道の役割、それがどのように地域と人々を結びつけ、私たちの日常の活動を支えているか、そこで使われている技術、それを活かしている人々、そんな日ごろ気にしていない鉄道を支えている世界に触れて、皆さんの鉄道の見方も変わるかもしれません。そんな体験をこの夏は皆さんに楽しんでいただきたいのです。

 「たまろく駅」には発着時刻表は無いと書きました。開館から閉館まで皆さんにご自由に利用できます。発時刻が無いからどこにも行けない駅だと思う方もいらっしゃるかも知れません。でもここは科学館の中にある駅です。皆さんの興味で科学の色々な世界に触れられる場所がまわりにいくつもあります。この駅はそこへ出かける始発駅にすることもできます。「たまろく駅」は科学の旅の始発駅なのです。

 最後に「たまろく駅」始発経由で楽しむ、この夏の多摩六都科学館への旅で優れもののコースを紹介して終りにいたします。まず入館後、「たまろく駅」では毎日先着100名様には「来場記念きっぷ」を差し上げています。つぎは「たまろく駅」始発の科学の旅でも遠くを見たい人にはプラネタリウムの「星を見に行こう」がお勧めです。夏の素晴らしい思い出となる旅となるに違いありません。この旅でも皆さまにお会いできることを願っています。

8 
▲当館オリジナル来場記念きっぷ



前のページへ最新12|3|45678最初次のページへ

ページの先頭へ戻る

カレンダー

« 12月 2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031