ロクトリポート

〈開館25周年プレイベント第1弾〉東村山市民感謝ウィーク

2018.04.15 16:31:08

多摩六都科学館は、2019年3月に開館25周年をむかえます。
多摩六都圏域市民の皆様への日頃の感謝を込めて、
1年を通して5市の「市民感謝ウイーク」を開催いたします。

<第1弾>
【東村山市民感謝ウィーク】

期間:2018年5月22日(火)~5月27日(日)
期間中、東村山市に在住・在学・在勤の方は入館料が半額に!
※居住地、学校、勤務地を証明できるものをお持ちください。
※プラネタリウム、大型映像は別途料金が必要です(1番組につき大人500円、小人200円)

チラシキャプチャ1

チラシキャプチャ2

▼27日(日)限定企画▼
・無料シャトルバスを運行!

5/27(日)
[東村山駅東口⇒多摩六都科学館]
 8:45、9:50、10:50、12:45、14:00
bus

[多摩六都科学館⇒東村山駅東口]
12:15、13:30、14:45、16:00、17:10

・東村山市特産市
開催時間:5月27日 9:30~17:00
場所:エントランスホールおよび館庭
参加店舗:シャモア洋菓子店(アイスクリーム・焼き菓子)、彩雅(黒焼きそば・たこやき)、竹田商店(ドレッシング)

_DSC4025 _DSC3973

↑画像は3月4日の「市民感謝デー」にて(シャモア洋菓子店、彩雅)

チラシ ダウンロード



農と食の体験塾2018「大豆編」参加者募集!

2018.04.10 17:43:50

東大生態調和農学機構(旧東大農場)で、大豆の栽培を通して農業に関する学びと体験をしませんか?

農と食の体験塾は、旧東大農場において、生態調和農学や都市農業における栽培技術、市民が参加するまちづくりについて「農」を通じて、学び、体験するプログラムです。
プログラムは年間10〜12回程度、月に1〜2回、平日(主に火曜日)の日中に実習及び講義を行います。
実習では大豆の種まきから収穫までを体験。収穫した大豆を使った加工も行います。

また、東京大学をはじめ各界の講師をお呼びして、生態調和農学や農業、まちづくり、健康に関する講義を行います。
 頭を使い、体を動かし、生態調和農学について、都市農業と市民参加のまちづくりについて一緒に考えませんか?

農と食の体験塾 広報用画像

日程: 2018年5月〜2019年1月までの間、全10〜12回程度
     (平日に開催)

塾生決定の通知    5月23日(水)予定
概要説明会      5月29日(火)9:00~11:00頃

第1回実習                6月 5日(火)9:00~12:00頃
第2回実習                6月12日(火)9:00~12:00頃
第3回実習&講義     6月26日(火)9:00~12:00頃
第4回実習&講義     7月10日(火)9:00~12:00頃

※第5回以降は、大豆の生育に合わせて決定します

場所: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構(西東京市緑町1-1-1)

対象: 18歳以上 
(性別、居住地、農作業体験の有無を問いません。10回程度の農作業のうち6回程度以上参加できる方)

定員: 30人

費用: 3,000円

申込方法:多摩六都科学館ウェブサイト、またははがきにて事前申込。5月19日(土)必着
はがきの場合、「農と食の体験塾」、氏名、年齢、性別、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスを明記の上、多摩六都科学館までお送りください。
※応募多数の場合抽選し、当選者のみに郵送にてご連絡します。

ウェブ申込みはこちら

応募・問合せ先: 多摩六都科学館  
〒188-0014 西東京市芝久保町5-10-64
電話 042-469-6100

主催: 農と食の体験塾実行委員会/東大生態調和農学機構/多摩六都科学館 ほか




前のページへ最新1|2|34567最初次のページへ

ページの先頭へ戻る