ロクトリポート

「宇宙の日」記念 作文絵画コンテスト 表彰式を開催

2018.12.09 14:40:55

宇宙の日作文絵画コンテストは、9月12日の宇宙の日にちなんで毎年開催されています。
今年のテーマは「太陽系惑星探査隊」。

多摩六都科学館に寄せられた作文、絵画の中から、入賞作品を選びました。
今日は、その表彰式です。
入賞者22人のうち、14人とそのご家族が集まって、和やかな式となりました。

今年は、作文の部小学生部門で当館で最優秀賞の鞠子智宙さんの作品が、「宇宙の日」本部で「リモートセンシング技術センター理事長賞」と「メディアパートナー賞・朝日新聞デジタル賞」をダブル受賞しましたので、その表彰も行いました。

賞状と賞品授与の後に入賞者全員で記念撮影。
12人の受賞者と当館館長、マネージャーが写っています。
作品を当館にご応募くださったみなさん、ありがとうございました。

宇宙の日 作文絵画コンテスト、多摩六都科学館入賞者はこちら

宇宙の日 本部入賞作品はこちら

宇宙の日コンテスト記念写真

宇宙の日展示

 

ロクトの庭だより ~ハマヒサカキ~

2018.12.09 14:09:36

12月に入って館庭の木々も葉っぱを落とし始め、少しずつ冬を感じるようになってきました。
そんな中、正門横にあるハマヒサカキがひっそりと花を咲かせ、実をつけています。

ハマヒサカキは「ハマ 浜」とつくようにもともと海岸近くに生えている木です。冬になっても葉っぱを落とさない常緑の木で、乾燥などに強いため庭木や街路樹として植えられています。

緑の葉っぱが目立ちますが、よく見ると下向きの小さな白い花がたくさん咲いています。とてもかわいらしい花なのですが、においはガス臭いような独特のにおいがします。
実は徐々に色が変わっていき、黒っぽく熟します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正門のすぐ横に生えているので来館した際にはぜひ注目して、においも嗅いでみてください。

インタープリターチーム K

 

展示室内 空調工事のお知らせ

2018.12.09 09:47:19

多摩六都科学館では1月9日~27日、空調工事に伴い一部展示室が使用できなくなったり、通路がせまくなったりします。(下図参照)
皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。


工事中使用不可_展示室1116_ページ_1

工事中使用不可_展示室1116_ページ_2

工事中使用不可_展示室1116_ページ_3

 

空調設備メンテナンスのお知らせ(12月9日まで)

2018.11.16 18:24:39

ただ今、館内の空調設備メンテナンスのため
サイエンスエッグ(プラネタリウムドーム)内の空調は、
上映・投影の合間の時間に行う、代替機による補助運転のみとなっております。

プラネタリウム・大型映像をご観覧のお客様は、暖かい服装でご来館いただきますよう
ご協力をお願いいたします。

ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

【期間:12月9日(日)まで】

農と食の体験塾2018「大豆編」第8回レポート

2018.11.16 16:13:23

旧東大農場において、生態調和農学や都市農業における栽培技術、市民が参加するまちづくりについて「農」を通じて、学び、体験するプログラム 「農と食の体験塾 大豆編」。
8月も後半に入った第8回では、除草・土寄せ作業と大豆の生育状況の観察を行いました。
去年とは違う圃場を使っているため、肥料の効果が予想とは違ったり、前回の作業日より後に通り過ぎて行った大型台風の影響で大豆がダメージを受けていたり、見えない・予測できないものの影響を大きく受ける農業の大変さを感じた回でした。

以下、記録係の嶋川さんのレポートです。

【第8回 除草・土寄せ作業、生育状況観察・解説】
日時 :2018年8月21日 午前9時~10時
場所 :東大生態調和農学機構 圃場にて
内容 :主に除草作業、土寄せ作業、生育状況観察・解説
講師 :手島さん(東大生態調和農学機構) 他
参加者:約20名

◇前回から3週間程経過。背丈はほぼ変わらずに水平方向に成長し、多くの品種がびっしりと実を付けています。台風による強風の影響なのか、横倒しのまま成長した株も散見されます。
1圃場脇

◆除草作業
・畝間がわからないほどに成長して、雑草の生える余地もない無いほどなので、短時間で作業は終了。
2除草作業

◆土寄せ
・根本の土を寄せて直立させようと試みますが、倒れた株のクセはかなり強く土寄せだけでは困難です。(急遽、8/28に有志作業で竹等の補助杭を倒れの著しい株に施す事となりました。)
・ぶり返した暑さの中、1時間弱で作業終了です。

◆生態観察(大豆編)
・他の圃場の大豆と比べ葉や茎の育ち過ぎの感がありました。前作による肥料分が残っており窒素過多が原因では?と、圃場が変わったときは土壌分析と追肥の要否が必要なのではとの意見もありました。

・早生の「東京八重成」は他品種と比べ身長は低いですが、びっしりと実(枝豆)を付けています。
・「比丘尼」は名前の通りに“うぶ毛”が極端に少ない「尼」さんです。(←食べ易いそうです!?)
3枝豆1

東京八重成

4枝豆2
比丘尼(さやにあまり毛が生えていません)

◆生態観察(害虫編)
・“カメムシ”が発生しているようです。茶色のカメムシを私は想像していましたが、体全体が緑色で、葉っぱの中で目立たちません。
手島さんが試しに近くの莢を開いてみると、吸汁されて中に実が有りません。(ヤラレタ!)
5カメムシ1
7食害枝豆

・葉を食べる(?)黄金虫も闊歩しているようです。(どちらの害虫も意外と綺麗です(^_^;)
6マメコガネ

・東大・手島さんが適時、農薬散布をしてくれているのですがなかなか手強いようです。

◇次回:1週後の8/28に有志による土寄せ作業(補助杭設置)の予定です。


前のページへ最新|1|23456最初次のページへ

ページの先頭へ戻る