ロクトリポート

「宇宙の日」記念 作文絵画コンテスト 表彰式を開催

2018.12.09 14:40:55

宇宙の日作文絵画コンテストは、9月12日の宇宙の日にちなんで毎年開催されています。
今年のテーマは「太陽系惑星探査隊」。

多摩六都科学館に寄せられた作文、絵画の中から、入賞作品を選びました。
今日は、その表彰式です。
入賞者22人のうち、14人とそのご家族が集まって、和やかな式となりました。

今年は、作文の部小学生部門で当館で最優秀賞の鞠子智宙さんの作品が、「宇宙の日」本部で「リモートセンシング技術センター理事長賞」と「メディアパートナー賞・朝日新聞デジタル賞」をダブル受賞しましたので、その表彰も行いました。

賞状と賞品授与の後に入賞者全員で記念撮影。
12人の受賞者と当館館長、マネージャーが写っています。
作品を当館にご応募くださったみなさん、ありがとうございました。

宇宙の日 作文絵画コンテスト、多摩六都科学館入賞者はこちら

宇宙の日 本部入賞作品はこちら

宇宙の日コンテスト記念写真

宇宙の日展示

 

ロクトの庭だより ~ハマヒサカキ~

2018.12.09 14:09:36

12月に入って館庭の木々も葉っぱを落とし始め、少しずつ冬を感じるようになってきました。
そんな中、正門横にあるハマヒサカキがひっそりと花を咲かせ、実をつけています。

ハマヒサカキは「ハマ 浜」とつくようにもともと海岸近くに生えている木です。冬になっても葉っぱを落とさない常緑の木で、乾燥などに強いため庭木や街路樹として植えられています。

緑の葉っぱが目立ちますが、よく見ると下向きの小さな白い花がたくさん咲いています。とてもかわいらしい花なのですが、においはガス臭いような独特のにおいがします。
実は徐々に色が変わっていき、黒っぽく熟します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正門のすぐ横に生えているので来館した際にはぜひ注目して、においも嗅いでみてください。

インタープリターチーム K

 

「光と影 ~形と色であそぶ~」を開催しました!

2018.12.05 19:40:15

12月2日(日)に
「光と影 ~形と色であそぶ~」を開催しました。
講師はレッジョ教育を広める会@キオッチョラ@の皆さんです。
講師のおひとり、石井さんは4年間イタリアのレッジョ・エミリア市で幼児教育を学ばれていました。

レッジョ教育とはモンテッソーリ、シュタイナーと並ぶ世界5大幼児教育のひとつで、
子どもの主体性を引き出す教育として現在とても注目されています。

今回のテーマは「光と影」
子供はトンネルをくぐって光と影の世界に行きました。
ちょっと暗く、キラキラしたものたくさん並んでいてわくわくする世界です。

CIMG0194-COLLAGE

前半は5つのコーナーから自分で好きなコーナーを選び、自由に探究しました。
①光のペンで絵を描く秘密基地
蓄光シートや蓄光の絵本にブラックライトをあてて探究します。

ここは大人気で一度潜り込むとみんな、なかなか出てきませんでした。
「光で絵がかけるのが不思議!」「光る本があった。」
と不思議そうに言葉に出して楽しんでいました。
隣のコーナーからヘチマの輪切りなどを持ち込んで、
「この光にあてたらどうなるのかな?」と探究している姿もありました。

CIMG0199-COLLAGE

②大きくなったり、逆さになったり、ずっと続いたり!
プロジェクターにカメラを繋ぎ、手元にあるおもちゃなどを映して遊びます。

カメラで映すとスクリーンに大きく映るので、
恐竜のおもちゃも自分より大きくなります。
自分より大きくなった恐竜と戦う子がいたり、
恐竜の人形を動かす子がいたり、カラフルな素材を映してみる子がいたり。

PC023320-COLLAGE

 

③箱やレースに絵を描いてみよう!
プロジェクターにペンツールを繋ぎ、自分で書いた絵を映し出します。
平面のスクリーンの前に様々な素材で立体を組んで光と影を探究していきます。

ここのコーナーが一番大きな素材があったので、
全身を大きく使い楽しんでいました。
素材を使い音をつくって遊ぶ子や、大きなお城をつくり鏡でキラキラにしたり、
その横で自分の影を見ながら踊っていたり、鏡や床で光が反射することに気づいたり。

CIMG0230-COLLAGE

自分で書いた絵が大きなスクリーンに映るので、
2人で交互に絵を描き足しては確認、また描く。と繰り返し楽しでいる子もいました。

PC023284-COLLAGE

④光を透かして見るライトテーブル!
ライトテーブルの上に、葉っぱなどの自然素材やレースなどの布素材を置いてみると
いつもと違って見えます。素材を重ねたり、並べたり、組み上げたり。

ヘチマの輪切りを透かして「レンコン!」と言ってみたり、
顔に見えるから「これ(葉っぱ)を口にして。」と隣の子に渡したり、
「白い影ができた。」など、
自分の発見をみんなで共有していました。

PC023265-COLLAGE

⑤そのままでは目に見えない世界を覗けるマイクロスコープ!
プロジェクターにマイクロスコープを繋げ、自然素材や人工物など、
自分で選んだものをマイクロスコープで見てみます。
気づいたことを絵で表現しました。

PC023264-COLLAGE

 この他に、遊んで気づいたことを描けるスペースもありました。
黒い紙と白い紙、黒いペンと白いペン を用意しました。
ここでも「黒い紙に、黒いペンで描いたら見えなくなっちゃった。」
など、いろいろな発見があったようです。

47218744_1319669138175992_1375369826645573632_n-COLLAGE

後半は、影絵あそび(ペープサート)!

まずは大人、子ども、それぞれでランダムな形の黒い画用紙を組み合わせます。
(あらかじめ色々な形に切られた黒い紙から好きな紙を2枚ほど選び、
好きな向きで割り箸に貼るというものです。)

大人は、紙を上手く利用して立体にしている方もいました。
机の上に映る影で予行練習。

PC023290-COLLAGE

できたら、親子でスクリーンに影を映して遊びました!
「サメがおよいだよ。」「ふねが楽しかった。」
「サーカスしている人」「コウモリが飛んでた」
などなど。
抽象的なカタチだからこそ創造力が膨らんでいき世界がひろがったようです。

PC023298-COLLAGE

最後はシェアタイム!

今日見つけた発見を言葉にして伝えてもらいました。
「黒と黒は見えない。濃い色だから。」(黒の画用紙に黒ペンでは書けないということ)
「段ボールは(断面が)がたがたしてる。」(マイクロスコープで見て気づいたようす)
「影にうつるときれいだよ。」
「何かを考えるのがむずかしかった。」
など、子どもたちの観察眼や哲学的な発言に大人が驚かされました。

CIMG0272-COLLAGE

 楽しいワークショップをありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

研究交流グループ ささき

 

隕鉄を拾った!?

2018.12.02 15:35:11

多摩六都科学館には時々
「この石は何という石ですか?」や
「この石は化石でしょうか?」といった問い合わせが寄せられます。
そういった問い合わせの中に
「隕石を拾いました。」といって来館される方がいます。
そして、その多くは残念ながら一目で地球の岩石だと分かるものです。

そんな中、多摩市の小学1年生、峯岸凜太郎くんが持ってきてくれた「石」は
ほとんど鉄でできた隕石(隕鉄)とそっくりでした。

dav

凛太郎くんは5歳の時に町田市の公園でその石を見つけ
「色やでこぼこの感じが科学館や博物館で見た隕鉄とにてるなぁ」
と感じたそうです。

東京の周辺には、有名な「八王子隕石」の例があるように、
町田で隕石が見つかっても不思議ではありません。

見た目だけでは判断できないほど「隕鉄っぽい」石なのです。
隕鉄であるかどうかをハッキリさせるためには
もっと詳しく調べる必要があります。

そこで、早稲田大学の研究員、安井万奈さんに協力を仰ぎました。
安井さんは快く協力してくださり、早稲田大学の先生方に「石」を
みていただけるよう手配してくださいました。

対応してくださった先生は、
早稲田大学創造理工学部環境資源工学科の
山﨑教授と内田教授です。
内田先生はハンディ蛍光X線分析装置という装置でどのような
種類の金属が入っているのかを分析してくださいました。

IMG_20181129_132042_resized_20181201_103223591

隕鉄であれば鉄の他に30%以下のニッケル、
数%以下のコバルトが入っているはずです。

結果、ニッケルは6%程入っているものの、
クロムが20%以上入っていることがわかりました。
これは人間がよく使っている合金(ステンレス鋼)と
とてもよく似ているものです。
つまり、隕鉄である可能性は非常に低いという結果でした。。。

結果は期待した通りではありませんでしたが、5歳の凜太郎くんが
博物館などで見た隕鉄の特徴をちゃんと覚えていて、
それとそっくりな石を見つけたことには驚きました。
凜太郎君はとても優れた観察眼を持っているようです。
これからもいろいろなものを注意深く観察し、
また面白いものを見つけてくれることを期待しています。


研究・交流グループ【地学担当】






 

 

参加者募集!もふもふな羊毛でフェルトの「リース」をつくろう

2018.11.30 09:46:53

クリスマスシーズンにぴったりなイベントを紹介します。

『もふもふな羊毛でフェルトの「リース」をつくろう』
フェルトボールの手のひらサイズのリースを作ります。 出上がったらリースはお部屋やクリスマスツリーに飾れます。

 羊毛リース

 

はじめはもふもふな羊毛が…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

↓↓↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ぎゅぎゅっと固まって「フェルト」になるひみつを工作を通して解き明かしましょう!

 

対象:小学4年生~大人(参加者以外の同伴不可)
定員:各回12名
材料費:500円
申込方法 : 事前申込 ※応募締切 12/3(月)必着
申し込みはこちら

 

過去のイベントの様子を紹介!
しくみラボ*もふもふな羊毛でフェルトの「ひよこ」を作ろう! CIMG4546

_DSC6110可愛いひよこのマスコットにしました☆
今回は『リース』を作ります!
手芸が好きな人にもオススメです♪

 


前のページへ最新|1|23456最初次のページへ

ページの先頭へ戻る