ロクトリポート

農と食の体験塾 大豆編 第10回レポート

2018.06.15 17:51:10

旧東大農場において、生態調和農学や都市農業における栽培技術、市民が参加するまちづくりについて「農」を通じて、学び、体験するプログラム 「農と食の体験塾 大豆編」。
レポートが途切れておりましたが、2018年度の様子を知っていただく意味も込めて、昨年度の活動報告を続けます(今回は記録係の丸山さんがお休みだったため、スタッフによるレポートです)。

平成29年10月3日(火)の作業では、主に中生の大豆の収穫をしました。
不作だった去年に比べると大豆の実りがよく、技官の手島さんによると概算で全種あわせて30kgの収量がありそうとのことで、2年続けて参加のリベンジ組は大喜びでした。
1 20171003_000337947_iOS

収穫したのはエンレイ、タチナガハ、虎大豆、五葉茶豆の4種。前回の収穫はお天気で乾燥した気候でしたが、今回は前日に雨が降り、畑も大豆も濡れた状態だったので、水分が多すぎることによるカビの発生を防ぐために、大豆を引き抜いたら葉をむしり取ってから収穫袋に入れることにしました。

 3 20171003_000946451_iOS

大豆が熟した株を引き抜いて


2 20171003_000650758_iOS

根の泥を落として、余分な葉をむしり取ります。

9 20171003_002354211_iOS
10 20171003_002706386_iOS

下処理ができた株は収穫袋へ。詰めすぎると乾かないので、5,6株ずつ根が互い違いになるように、ぎゅうぎゅうにならないように気を付けて袋に入れていきます。
今回使った収穫袋が大型で、その袋にいっぱい詰めると乾燥もしづらいし運ぶ作業も大変だから次は小さめにするといいよというアドバイザーの方のコメントをいただきました。道具選びもいろいろ考える必要があるのですね。

11 20171003_002715757_iOS

作業用トラックに積んで、乾燥させる温室まで運びます。温室では、大豆の水分で部屋内の湿度が上がってしまうので、窓を開け、扇風機を回して、乾燥しやすい環境を作りました。

今回は収穫袋に余裕があったので、晩生の錫杖豆も熟したものを収穫しました。
5 20171003_003342634_iOS 6 20171003_003244436_iOS 
葉を取り除くと、帯状になった茎や鈴生りになった大豆など、錫杖豆の特長がよくわかります。
このような形のいい株から種を取って、次につないでいくとのこと。種採りのためには、これが脱穀するときに他の株と混ざらないように注意が必要です。

7 20171003_002602985_iOS   
根を見ると、ところどころにこぶのようなものが。これが細菌が共生している部分。根粒です。

この収穫作業の後、大豆の熟し具合をみながら残りの黒千石、みすず、青梅在来、目黒、錫杖豆の収穫を順次有志で行いました。大豆塾としては、東大生態調和農学機構の安永准教授によるポストハーベストについての講義、大豆を使った調理実習と、初めての取り組みが続きます。

PRグループ H

館庭の昆虫調査 ~第5回~

2018.06.03 18:40:10

科学館の庭の雑木林リニューアルに伴い、昨年度から雑木林再生エリアの昆虫調査を始めました。
草地の環境から林になっていく過程での昆虫の変化を季節ごとに調べていきます。

今回は通算5回目、今年度最初となる春の昆虫調査を5月31日に行いました。
気温が低く、空はどんよりとして時折雨がぱらつく中での調査となりましたが、甲虫を中心に様々な昆虫が見られました。

写真上段 左:エダシャクの仲間  右:ホシミスジ
写真中段 左:ビロウドコガネ  右:マルガタゴミムシの仲間
写真下段 左:ヤノナミガタチビタマムシ  右:ハリカメムシ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天気が悪いとチョウの仲間があまり現れないので残念でしたが、足元にはショウリョウバッタの幼虫が多く見られ、草地らしい生きものが増えてきたように感じました。
 
※昆虫採集は調査の為に行っています。
一般の方による昆虫採集および通路外への立ち入りはご遠慮いただいております。ご了承ください。

インタープリターチーム K

 


前のページへ最新|1|23456最初次のページへ

ページの先頭へ戻る