ロクトリポート

オンライン シンポジウム「市民と考える東大農場・演習林の活かし方~みんなで考えよう!広大な農と樹木の研究拠点~」参加者募集

多摩六都科学館のある西東京市に、東京大学の広大な農場と林があるのをご存じですか。正式な名称は「農場の方が東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構」(以下 機構)、林の方が「東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 田無演習林」といい、大学の重要な教育・研究の場となっています。

機構には、東京大学と西東京市、市民の三者が構成する社会連携協議会が設置されています。機構の知見と自然環境を「地域資源」と考え、研究者や学生たちだけではなく、市民も参加できる協働事業の企画など、協議を続けてきました。今回、第一部「社会連携協議会の10年を振り返る」、第二部「これからの10年でできることは?」と題し、オンライン シンポジウムを開催します。
多摩六都科学館もこのシンポジウムの開催に協力しています。みなさまのご参加をお待ちしています。

詳しい内容は、以下のチラシをご覧ください。
開催に関するお問い合わせはメールで東大生態調和農学機構社会連携協議会へ renkei10th.aniv@gmail.com

■申込はこちら
東大生態調和農学機構のページはこちら