ロクトリポート

隕鉄を拾った!?

2018.12.02 15:35:11

多摩六都科学館には時々
「この石は何という石ですか?」や
「この石は化石でしょうか?」といった問い合わせが寄せられます。
そういった問い合わせの中に
「隕石を拾いました。」といって来館される方がいます。
そして、その多くは残念ながら一目で地球の岩石だと分かるものです。

そんな中、多摩市の小学1年生、峯岸凜太郎くんが持ってきてくれた「石」は
ほとんど鉄でできた隕石(隕鉄)とそっくりでした。

dav

凛太郎くんは5歳の時に町田市の公園でその石を見つけ
「色やでこぼこの感じが科学館や博物館で見た隕鉄とにてるなぁ」
と感じたそうです。

東京の周辺には、有名な「八王子隕石」の例があるように、
町田で隕石が見つかっても不思議ではありません。

見た目だけでは判断できないほど「隕鉄っぽい」石なのです。
隕鉄であるかどうかをハッキリさせるためには
もっと詳しく調べる必要があります。

そこで、早稲田大学の研究員、安井万奈さんに協力を仰ぎました。
安井さんは快く協力してくださり、早稲田大学の先生方に「石」を
みていただけるよう手配してくださいました。

対応してくださった先生は、
早稲田大学創造理工学部環境資源工学科の
山﨑教授と内田教授です。
内田先生はハンディ蛍光X線分析装置という装置でどのような
種類の金属が入っているのかを分析してくださいました。

IMG_20181129_132042_resized_20181201_103223591

隕鉄であれば鉄の他に30%以下のニッケル、
数%以下のコバルトが入っているはずです。

結果、ニッケルは6%程入っているものの、
クロムが20%以上入っていることがわかりました。
これは人間がよく使っている合金(ステンレス鋼)と
とてもよく似ているものです。
つまり、隕鉄である可能性は非常に低いという結果でした。。。

結果は期待した通りではありませんでしたが、5歳の凜太郎くんが
博物館などで見た隕鉄の特徴をちゃんと覚えていて、
それとそっくりな石を見つけたことには驚きました。
凜太郎君はとても優れた観察眼を持っているようです。
これからもいろいろなものを注意深く観察し、
また面白いものを見つけてくれることを期待しています。


研究・交流グループ【地学担当】






 

 

「県の石」コーナーを中国地方に更新しました!

2018.09.02 10:50:59

多摩六都科学館の展示室5「地球の部屋」の「県の石」コーナーを更新しました!
今回は中国地方の石です!
(前回:ロクトリポート「「県の石」コーナーを九州・沖縄地方に更新しました!」)

中国地方5県の「県の石」のうち
岩石・鉱物・化石のいずれか1点を展示しています。

IMG_2475

【中国地方の石】

・島根県の岩石:来待石

IMG_2476

今回展示した来待石は、島根県にあるモニュメントミュージアム来待ストーンから
寄贈していただいた標本です。

加工のしやすさから、古墳時代から石材として使われている岩石です。
現在も石灯籠など広く使われています。

 

・鳥取県の岩石:砂丘堆積物

IMG_2477


・岡山県の鉱物:ウラン鉱

IMG_2479


・広島の鉱物:蝋石

IMG_2480


・山口県の化石:美祢層群の植物化石

IMG_2481

 
他の地方の「県の石」は現在展示準備中です。

「地球の部屋」では、このコーナー以外にも県の石に選ばれている標本を
いくつか展示しています。ロクトリポート「県の石を見てみましょう」もみてくださいね!

出身地や思い出の都道府県の石は、どんな石でしょう?
「県の石」を、是非見に来て下さい!

【地学担当】

(展示標本がない県もあります。
また、展示物は予告なく変更する場合があります。)

学びの秋!大人のための平日科学講座

2018.08.26 16:34:32

夏休みも山場を越え、子供たちは宿題に追われている頃でしょうか?

多摩六都科学館では、9月から12月にかけて、平日に大人向けの科学講座を開催します。
テレビ番組などで注目が高まっている「地学の街歩き」、
宇宙への果てない興味をそそる「現代天文学」、
小学校の授業で必修になる事でも話題の「プログラミング」、
カフェ六都なおきちとのコラボ企画「ハーブ」と、さまざまなテーマを揃え
今学びたい大人の方々の知的好奇心に応える企画です。

 

★こんな方におススメ!★
・新しい発⾒をしてみたいシニアの⽅
・平⽇の時間を有意義に過ごしたい主婦の⽅
・色々なことに興味がある学⽣の⽅

※連続講座ではありません。各イベント毎にお申込みが必要です。

 

 

 -----

 

■大人のための地球科学入門

地球科学の入門的な講座です。自分が住んでいる地球内部の活動と身の回りの自然のつながりについて、一緒に考えてみましょう。

9/27(木),10/25(木)

時間:11:00~12:00
講師:小田島 庸浩(当館 研究・交流グループ)
対象:大人(18歳以上、高校生不可)
定員: 各日30名
参加費:入館料のみ(大人 500円)
申込方法 :当日開館時より参加券を配布(先着順)

 

 ⇒イベントページ

 

_DSC1789
▲大人のための地球科学入門 昨年度開催の様子

 

 

■大人のための岩石観察会

街中に使われている石材は天然の岩石を加工したものです。
石材を観察しながら一緒に街歩きを楽しみませんか。

9/27(木),10/25(木)

時間:14:30~15:30
講師:小田島 庸浩(当館 研究・交流グループ)
対象:大人(18歳以上、高校生不可)
定員:各日10名
参加費:500円(保険料、資料代として)
申込方法 : 事前申込
応募締切:9月 …9/13(木)、10月…10/15(月)

 

⇒イベント詳細・お申込

 

 岩石観察会

 

 

 

■大人のための現代天文学入門~重力波とブラックホール~

現代天文学の入門的な講座です。今回はノーベル賞の受賞対象となった歴史的な大発見、重力波とブラックホールについて一緒に考えましょう。

11/21(水),12/12(水)

時間:11:00~12:00
講師:柴崎 勝利(当館 天文グループ)
対象:大人(18歳以上、高校生不可)
定員:各日30名
参加費:入館料のみ(大人500円)
申込方法 : 当日、開館時より参加券を配布(先着順)

⇒イベントページ

大人天文学

 

 

 

■親のためのプログラミング超入門~小学校で始まるプログラミング体験を知るために~

2020年から小学校でのプログラミングの体験が必修化されます。
子ども達はどんなことに取り組むことになるのでしょう?
一足先に体験してみませんか?

11/7(水),12/5(水)

時間:10:30~12:00
講師:高橋 純一(当館 経営管理グループ)
対象:大人(18歳以上、高校生不可)
定員:各日12名
参加費:入館料のみ(大人500円)
申込方法:事前申込11月…10/24(水)必着、12月…11/21(水)必着

 

⇒イベントページ

 

大人プログラミング

 

 

■食がすすむ! オリジナルハーブ調味料をつくろう!

六都なおきちとコラボレーションによる「ハーブを楽しむ」シリーズの第2弾は、
料理向けのフレッシュハーブの収穫とオリジナルハーブ調味料づくり。
今晩の夕食はハーブのひみつの話題とハーブ調味料を効かせた料理に決まり!

10/17(水)

時間:10:00~12:30
開催場所:ニイクラファーム(西東京市)・多摩六都科学館
講師:新倉 大次郎(有限会社ニイクラファーム)、佐藤 うらら(六都なおきち)
協力:有限会社ニイクラファーム
対象: 大人 (参加者以外の同伴不可)
※ロクトメンバーズ優先(当館の会員制度)のイベントです
定 員:20名 (最少催行人数 10名)
参加費:1,000円(持ち帰り用ハーブ代、試食代)
    ※別途入館料と「はなバス」代がかかります
申込方法 : 事前申込 ※応募締切10/9(火)必着

⇒イベントページ・お申込

ハーブ

 

 

「県の石」コーナーを九州・沖縄地方に更新しました!

2018.05.01 19:50:30

多摩六都科学館の展示室5「地球の部屋」の「県の石」コーナーを更新しました!
今回は九州・沖縄地方の石です!
(前回:ロクトリポート「「県の石」コーナーを北海道・東北地方に更新しました!」)

九州・沖縄地方の8県のそれぞれの岩石・鉱物・化石のうち1つを展示しています。

IMG_5951

【九州・沖縄地方の石】


・福岡県の鉱物:リチア雲母
IMG_6034

・佐賀県の鉱物:緑柱石
IMG_6035

・長崎県の鉱物:日本式双晶水晶
IMG_6040

・大分県の鉱物:斧石
IMG_6038

・熊本県の鉱物:鱗珪石(トリディマイト)
IMG_6041

・宮崎県の鉱物:ダンブリ石
IMG_6039

・鹿児島県の岩石:シラス
FullSizeRender

・沖縄県の岩石:琉球石灰岩
IMG_6043

他の地方の「県の石」は現在展示準備中です。

「地球の部屋」では、このコーナー以外にも県の石に選ばれている標本を
いくつか展示しています。ロクトリポート「県の石を見てみましょう」を見て下さい。

出身地や思い出の都道府県の石は、どんな石でしょう?
「県の石」を、是非見に来て下さい。

【地学担当】

(展示標本がない県もあります。
また、展示物は予告なく変更する場合があります。)

自由研究の紹介

2017.12.13 15:57:27

科学館のプログラムを上手に活用して、地道に自由研究を進めている小学生を紹介します。
小学校6年生の小林久怜さんは、当館の野外プログラム「川砂から鉱物発見」に参加した後、独自で川砂に含まれている鉱物を調べています。
小林久怜さんの自由研究 川砂 鉱物pg (1)先日、見せてもらったノートには自分で発見した砂粒サイズの鉱物の写真と共に、鉱物の特徴がしっかりとまとめられていました。

小林久怜さんの自由研究 川砂 鉱物pg (5)
砂金や結晶の形が美しいザクロ石もあります。

小林久怜さんの自由研究 川砂 鉱物pg (4)
鉱物の採集の仕方も写真入りで丁寧にまとめられています。このまま科学館の資料として使いたい出来栄えです。

鉱物の同定には、参加者が自由に顕微鏡を操作して観察ができるプログラム「ミクロ・ラボ」※を利用してくれています。小林さんは今後も自由研究の内容をさらに充実すべく、いろいろな川原で川砂を採取していくそうです。今後の展開を関係スタッフ一同、楽しみにしています。
顕微鏡を使った自由研究に興味のある小学生以上の方は是非一度ミクロラボを覗きに来てください。

研究・交流チーム【地学担当】

(※「ミクロ・ラボ」は年に数回開催しています。顕微鏡を自由に操作するプログラムに申し込めるのは小学生以上の方です。)


前のページへ最新|1|23456最初次のページへ

ページの先頭へ戻る