ロクトリポート

2016年版 旧東大農場で農業体験!~(11)修了式編 その2~

2016.12.23 19:27:19

   東京大学付属生態調和農学機構(旧東大農場)の圃場での大豆栽培を通して、東大生態調和農学機構が目指す「生態調和型農業」「多様な市民が参加するまちづくり」について共に考えていく農作業体験プログラム、「旧東大農場で農作業体験!農と食の体験塾」。

今回は参加者の皆さんが作ってきてくれた大豆料理を紹介します!

大豆料理は全部で7品。他にも南蛮漬けや、なますなど自慢の料理が並びました。
大豆だけでこんなにいろいろな料理ができるのかと改めて思いました。
特に大豆サラダは色とりどりの大豆で目にも楽しい一品でした。
皆さんおいしい大豆料理ありがとうございました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は天候不順やカメムシ害もあって不作となり、収穫の喜びはなかなか感じにくいものになりました。
生態調和農学機構の二宮教授も「少しのことで大きく変動する農業生産の難しさを肌で感じることができる良い機会だった」、13品種植えた中で、品種によって被害の差があったことについては「日照不足に強い、カメムシが好まない、生育のタイミングがちょうどよかったなど、それぞれの品種の性質が左右した」と総括。

厳しい中でも育った豆を前にして、感謝しながらおいしい料理に舌鼓を打ちました。

この修了式をもって今年も「農と食の体験塾」は終了となります。
塾生のみなさん、実行委員のみなさん、お疲れさまでした!

 自然チーム K

2016年版 旧東大農場で農業体験!~(10)修了式編 その1~

2016.12.22 12:14:58

東京大学付属生態調和農学機構(旧東大農場)の圃場での大豆栽培を通して、東大生態調和農学機構が目指す「生態調和型農業」「多様な市民が参加するまちづくり」について共に考えていく農作業体験プログラム、「旧東大農場で農作業体験!農と食の体験塾」。

約半年間続いた「農と食の体験塾」ですが、今年もこの修了式&収穫祭をもって終了となります。

修了式は生態調和農学機構、二宮教授による今年の収量についての総括に始まり、参加者の方にも感想をいただいてから、いよいよ蒸かした大豆の食べ比べ、参加者の皆さんお手製の大豆料理を食べました。

今回は食べ比べの結果をリポートします。

食べ比べをしたのは今年収穫した大豆6種類(借金なし、エンレイ、目黒、錫杖豆、五葉茶豆、すずろまん)と昨年収穫した黒千石の全部で7種類。蒸かしただけで味付けはなし。大豆の味を味わいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

評価の結果は下記の表のようになりました。
香り風味

総合

総合5段階評価は[評価5]が一番高評価、[評価1]が一番低評価

評価の分かれる品種が多くなった一方で、何度食べても違いがわからないという意見もありました。
品種によって煮豆向き、納豆向きとあるので一概にどれが一番とはいえませんが、一度にこれだけの品種を食べ比べすることはあまりないので、貴重な機会となりました。

次回は参加者の皆さんが作ってくれた豆料理についてリポートします。


自然チーム K

 


前のページへ最新1234|5|678910最初次のページへ

ページの先頭へ戻る