ロクトリポート

ロクトの庭だより ~ハマヒサカキ~

2018.12.09 14:09:36

12月に入って館庭の木々も葉っぱを落とし始め、少しずつ冬を感じるようになってきました。
そんな中、正門横にあるハマヒサカキがひっそりと花を咲かせ、実をつけています。

ハマヒサカキは「ハマ 浜」とつくようにもともと海岸近くに生えている木です。冬になっても葉っぱを落とさない常緑の木で、乾燥などに強いため庭木や街路樹として植えられています。

緑の葉っぱが目立ちますが、よく見ると下向きの小さな白い花がたくさん咲いています。とてもかわいらしい花なのですが、においはガス臭いような独特のにおいがします。
実は徐々に色が変わっていき、黒っぽく熟します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正門のすぐ横に生えているので来館した際にはぜひ注目して、においも嗅いでみてください。

インタープリターチーム K

 

館庭昆虫調査 ~第7回~

2018.10.25 17:28:19

科学館の庭の雑木林リニューアルに伴い、昨年度から雑木林再生エリアの昆虫調査を始めました。
草地の環境から林になっていく過程での昆虫の変化を季節ごとに調べていきます。

今回は通算7回目、秋の昆虫調査を10月24日に行いました。
この日は朝に雨がパラついていましたが、調査開始時には日が差して暖かい中での調査となりました。暖かくなったので、チョウなど思ったよりも多くの昆虫が見られました。

①ナミテントウ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②ヨツボシテントウダマシの集団
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

③クモヘリカメムシ                
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④ヨモギハムシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑤ツチバチの仲間
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑥オオスズメバチのオス(オス蜂は針がないので持っても刺されません。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋は、オオスズメバチのオス蜂のようにこの時期にしか見られない昆虫や、越冬の様子もみられます。
ひなたぼっこをしている昆虫を探すのも楽しいです。ぜひ秋ならではの昆虫観察をしてみてください。

※昆虫採集は調査の為に行っています。
一般の方による昆虫採集および通路外への立ち入りはご遠慮いただいております。ご了承ください。

インタープリターチーム K

ロクトの庭だより ~ハナミズキとヤマボウシ~

2018.10.01 18:31:42

徐々に秋の気配が高まる中、秋の木の実も色づいてきています。
今回は館庭のハナミズキとヤマボウシの実を紹介します。

ハナミズキとヤマボウシはどちらも同じミズキ科の植物です。葉っぱや花など全体の雰囲気はよく似ていて、ハナミズキは別名アメリカヤマボウシとも言われます。しかし、2種の実はまったく違うのです。

写真右がハナミズキ、左がヤマボウシです。
ハナミズキは葉っぱの上に実がつくのに対して、ヤマボウシは熟してくると垂れ下がります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして一番大きな違いは実の形です。
写真左がハナミズキ、右がヤマボウシです。それぞれ白く囲まれているところが1つの花だったところです。ハナミズキは1つ1つ独立しているのに対して、ヤマボウシはくっつきあって1つの実になっています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハナミズキは正門横のバス停側に、ヤマボウシはしくみの部屋のエレベーター越しに見ることができます。
来館の際にはぜひ館庭の植物にも注目してください。

インタープリターチーム K

館庭昆虫調査 ~第6回~

2018.08.15 13:37:38

科学館の庭の雑木林リニューアルに伴い、昨年度から雑木林再生エリアの昆虫調査を始めました。
草地の環境から林になっていく過程での昆虫の変化を季節ごとに調べていきます。

今回は通算6回目、夏の昆虫調査を8月5日に行いました。
午前中に庭を一回りしましたが、すでにかなり暑い中での調査となりました。
それでも甲虫からチョウまで様々な種類の昆虫が見られました。また、カメムシやバッタは成虫と幼虫両方が見つかりました。

写真上段 左:キマダラセセリ  右:イチモンジセセリ
写真中段 左:キマダラカメムシ 幼虫  右:キマダラカメムシ 成虫
写真下段 左:ニジュウヤホシテントウ  右:ハチの仲間

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 夏は成虫と幼虫を同時に観察できる昆虫が多い時期なので、ぜひ昆虫観察をしてみてください(ただし暑さに気を付けて!)。

※昆虫採集は調査の為に行っています。
一般の方による昆虫採集および通路外への立ち入りはご遠慮いただいております。ご了承ください。


インタープリターチーム K

 

 

館庭の昆虫調査 ~第5回~

2018.06.03 18:40:10

科学館の庭の雑木林リニューアルに伴い、昨年度から雑木林再生エリアの昆虫調査を始めました。
草地の環境から林になっていく過程での昆虫の変化を季節ごとに調べていきます。

今回は通算5回目、今年度最初となる春の昆虫調査を5月31日に行いました。
気温が低く、空はどんよりとして時折雨がぱらつく中での調査となりましたが、甲虫を中心に様々な昆虫が見られました。

写真上段 左:エダシャクの仲間  右:ホシミスジ
写真中段 左:ビロウドコガネ  右:マルガタゴミムシの仲間
写真下段 左:ヤノナミガタチビタマムシ  右:ハリカメムシ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天気が悪いとチョウの仲間があまり現れないので残念でしたが、足元にはショウリョウバッタの幼虫が多く見られ、草地らしい生きものが増えてきたように感じました。
 
※昆虫採集は調査の為に行っています。
一般の方による昆虫採集および通路外への立ち入りはご遠慮いただいております。ご了承ください。

インタープリターチーム K

 


前のページへ最新|1|23456最初次のページへ

ページの先頭へ戻る