ロクトリポート

アイヌ民族の着物を展示中!(8/31(月)まで)

イランカラプテ!

2020年4月からの投影を予定しつつも臨時休館で実現しなかった、生解説プラネタリウム「ノチウ -アイヌ民族の星座をたずねて-」。
投影とともに、実はもうひとつ企画していたものがありました。それが…
関 連 展 示 

当初はアイヌ民族の伝統的な着物の着用体験や、工芸品などに触れていただく展示を企画しましたが、新型コロナウイルスが心配な今は手で触れるような体験展示(ハンズオン展示などと呼びます)ができません。
そこで、サイエンスエッグ近くのガラスケース内に展示コーナーを作りました。
展示品は公益財団法人アイヌ民族文化財団からお借りしたものを中心に、アイヌ民族の着物、木工芸品、弓矢、動物の毛皮など、科学館では日頃なかなか見る機会のないものばかりです。
多摩六都科学館アイヌ展示全景

子ども用の着物。模様は、布と刺繍で描かれています。
多摩六都科学館アイヌ展示着物

何の毛皮かわかりますか?
多摩六都科学館アイヌ展示毛皮

(左から、アザラシ、エゾシカ、ヒグマ)

木のお盆には細かな模様が彫られています。
多摩六都科学館アイヌ展示お盆

北海道で撮影された北斗七星の写真の展示もあります。

現代の私たちがひしゃくに見立てる北斗七星を、アイヌ民族はどのように呼んでいたのでしょうか?
(写真協力:室蘭市青少年科学館 山田清滋 氏/なよろ市立天文台 加藤裕子 氏)多摩六都科学館アイヌ展示北斗七星

この展示は2020年8月31日(月)まで、サイエンスエッグ入口前のホワイエで公開しています。
北海道にオープンした施設「ウポポイ(民族共生象徴空間)」のチラシも配布中!
ご来館の機会にはぜひご覧ください。
行けないよ…という方には、後日このロクトリポートでミニ展示解説を掲載しますのでお楽しみに。

<全編生解説プラネタリウム「ノチウ」web連載@ロクトリポート>(リンクはご自由に)
vol.0 番組紹介            「ノチウ -アイヌ民族の星座をたずねて-」/アイヌ民族の星座
vol.1 星座 北斗七星①    ウシノカ・ノチウ/クットコノカ・ノチウ/北斗七星/恒星カムイ
vol.2 星座 金星            金星/疱瘡のカムイ/フレケタ/セレマック/ベテルギウス
vol.3 星座 北斗七星②    シアラサルカムイノカ・ノチウ(尾の長い熊)/弓矢/舟
vol.4 星座 月と太陽       月/ア(月の知人)/三角星/鯨/イナウ/ひしゃく
vol.5 星座 四つ星          かたつむり/船/レラ・チャロ(風の吹き出し口)
vol.6 星座 天体と季節    月の形/朝昼夜/季節
vol.7 星座 めぐる星       追われる娘たち/蛇/踊る娘たち
vol.8 星座 動物たち      狐/貂/ホケウ・ノチウ(狼)
vol.9 星座 さそり①      龍
vol.10 星座 さそり②    ザリガニ/カンナカムイ(雷[龍]のカムイ)
vol.11 番外編              関連webサイト紹介
vol.12 星座 ねずみの倉  ねずみの倉/疱瘡のカムイ/日食
展示紹介                    アイヌ民族の着物を展示中!
「ノチウ」投影開始! プラネタリウム「ノチウ」2021年4月に再登場
※連載は一旦終了ですが、今後も番外編を公開していきます。